オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-2300S-2Tの画像

TEAC A-2300S-2T \103,000(1973年頃)

解説
A-2300Sの2トラック対応モデルにあたるテープデッキ。

A-2300S-2Tでは、19cm/9.5cmのテープに対応しています。

コントロール機構は全てマイクロスイッチにより構成されており、確実な動作とソフトな感触を実現しています。また、ポーズボタンをコントロール機構に組み込んでおり、RECとPAUSEボタンで録音待機、PLAYボタンで録音スタートが可能です。

バイアスとイコライザー独立の2段切換機構を搭載しており、ローノイズテープへの対応を図っています。

左右独立したエキスパンデッドスケールのレベルメーターを搭載しています。
このメーターはフルスケールで+6VU程度まで余裕があるため、ハイレベル録音時の正確なレベル監視が可能となっています。また、レベルメーターはアウトプットボリュームと連動しているため、正確な送り出しレベルをチェックできます。

ブレーキ機構には、アルミダイキャストと特殊フェルトの組み合わせによるブレーキドラムを採用しており、ドラムに一定してブレーキがかかるよう設計されています。

高精度アルミとステンレスの組み合わせによる6ミリ厚のパネル構成を採用しています。また、側面にはダイキャストの強化フレームを採用しています。

メカニズム部には3モーター構成を採用しています。
真円度0.15μmmのキャプスタンシャフトをはじめ、精密加工されたパーツを採用することで、安定したテープ走行を実現しています。

録音された内容をモニターできる3ヘッド方式を採用しています。
また、ヘッドには、テープタッチがよく、コンターエフェクト(形状効果)の少ないハイパボリック形を採用しています。

リールクランパーには新設計のクイックロック式リールクランパーを採用しています。

テープの立ち上がりをスムーズにするオイルダンプ式テンションアームを採用しています。

マイクとラインのミキシング録音が可能です。

電源電圧の変動の影響を抑える安定化電源回路を採用しています。

温度上昇を防ぐクーリング対策が施されています。

テープが巻き終わるとメカニズムが自動的に停止するシャットオフアームを搭載しています。

4桁のインデックスカウンターを搭載しています。

水平・垂直使用ができる両用メカニズムを採用しています。

別売りでリモートコントローラーがありました。

別売りのタイマーコントロールアダプターとタイマーを組み合わせることでタイマー録音/再生が可能です。
待機中はピンチローラーをはじめ、全てのメカニズムに負担がかからない構造となっています。
 
  
機種の定格
型式 テープデッキ
トラック形式 2トラック・2チャンネル・ステレオ方式
ヘッド 3ヘッド:録音、再生、消去
リール 17形(7号)、12形(5号)
テープ速度 19cm、9.5cm(±0.5%)
モーター キャプスタン用:2速度ヒステリシスシンクロナスモーター×1
リール用:エディカレント・インダクションモーター×2
ワウフラッター 19cm:0.08%
9.5cm:0.10%
周波数特性 19cm:30Hz〜22kHz(40Hz〜18kHz ±3dB)
9.5cm:30Hz〜16kHz(40Hz〜12kHz ±3dB)
SN比 57dB
歪率 1%(規準レベル)
ステレオセパレーション 50dB(1kHz)
早巻時間 90秒(370mテープ)
入力 マイク:0.25mV/600Ω〜10kΩ適合(-72dB)
ライン:0.1V/入力インピーダンス100kΩ以上
出力 ライン:0.3V/入力インピーダンス10kΩ以上
ヘッドホン:8Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 95W
外形寸法 幅440×高さ392×奥行210mm
重量 18kg
別売 アクリルカバー TZ-250(\2,500)
リモートコントロールユニット RC-120(\10,500)
タイマーコントロールアダプター RC-320(\8,000)
ポータブルケース CS-420(\11,500)