オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

PA-7の画像
 解説 

「良質のMCカートリッジを使用してTANNOYスピーカーを品位の高い音で再生する」というテーマの下、TEACとTANNOYが共同開発したArmoniaシリーズのコントロールアンプ。

このアンプは、当時のTANNOY社社長ノーマンJクロッカー氏により、TANNOY社製品の重要な試聴テストのシステムとして使用するという評価を得ています。

PA-7は、2重積分サーボ回路を内蔵したDCコントロールアンプで、MCカートリッジの使用を前提としてMCヘッドアンプの高音質化を図っています。

ヘッドホン専用アンプを内蔵しています。

トーンコントロールによる録音音質補正が可能です。

保護回路とクリック対策が施されています。

サブソニックフィルターを搭載しています。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
入力感度/インピーダンス Phono1 MC:60μV/10Ω、25Ω、100Ω
Phono2 MM:2.5mV/33kΩ、47kΩ、68kΩ/100pF、220pF、330pF
Tuner、Aux、Tape play:200mV/50kΩ
最大許容入力レベル(1kHz) Phono1 MC:5mV
Phono2 MM:270mV
出力レベル/インピーダンス Pre out:1V/75kΩ
Rec out:200mV/68Ω
周波数特性 Phono1 MC:20Hz〜30kHz ±0.2dB
Phono2 MM:1Hz〜30kHz ±0.2dB
Tuner、Aux、Tape play:1Hz〜100kHz +0 -0.2dB
SN比(Aカーブ) Phono1 MC:72dB(入力ショート)
Phono2 MM:90dB(入力ショート)
Tuner、Aux、Tape play:110dB(Volume min)
全高調波歪率 0.005%(20Hz〜20kHz、各入力Volume max、最大出力時)
トーンコントロール Bass:±7dB(100Hz)
Treble:±7.5dB(10kHz)
ターンオーバー周波数 340Hz/3.4kHz
サブソニックフィルター 12Hz、-18dB/oct
チャンネルセパレーション 80dB(1kHz、Volume max)
オーディオミューティング -20dB
スルーレート ±120V/μsec(イコライザーアンプ)
±300V/μsec(フラットアンプ)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 60W
外形寸法 幅432×高さ148×奥行440mm
重量 12kg