オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

Autograph(K3808)の画像
 解説 

1976年から生産されているTEAC製国産エンクロージャーにK3808を搭載したモデル。

ユニットには15inch(38cm)口径の同軸型2ウェイユニットであるK3808を搭載しています。
このユニットはコーン型ウーファーとホーン型トゥイーターを1個のマグネットで挟み、同軸上に組合わせた構造となっています。このため、ウーファーとトゥイーターのユニットから放射された音が同じ点で合成されるため、分解能や定位感が優れる利点を持っています。
K3808は、高音用のダイアフラムはオールドタイプと完全な互換性を持ち、ウーファー用コーン紙もレッド、ゴールド系と同じ形状、素材を使用しています。
さらにオールドタイプと比べ耐入力特性と湿度に対する音質の変化を少なくするために、コーン紙の改良がされています。

オートグラフのエンクロージャーは背面が三角型にカットされたコーナー型で、全帯域が3つの異なるホーンで動作するオールホーン構造となっています。
350Hz以下は複雑な音響迷路を持つバックローデッドホーンが受け持ち、350Hzから1kHzまではスピーカー前面のショートホーンが、1kHz以上はホーン型トゥイーターが受持っています。
さらに、エンクロージャーを部屋のコーナーにつけて設置するよう設計されているため、壁面と床がイメージホーンを形成し、バックローデッドホーンの延長として低域を補強する効果を生み出しています。
外装の仕上げはチーク仕上げで、フロントグリルはアイボリーカラーとなっています。

3種類の周波数特性をコントロールできるクロスオーバーネットワークを搭載しています。
Presence energyは1.5kHz〜4kHzの音楽の雰囲気を左右する帯域をコントロールでき、Treble roll offは5kHz〜20kHzの高域を増減することが可能です。また、Treble energyは、3kHz〜20kHzの帯域全体の増減が可能です。

K3808搭載モデルではマルチアンプ駆動も可能な接続端子を搭載しています。

エンクロージャー単体の販売もしており、K3808用のAutograph K3808とHPD385A、Monitor Gold、Monitor Red用のAutograph HPDが予約販売されていました。

機種の定格
方式 2ウェイ・1スピーカー・オールホーン方式・コーナー型
使用ユニット 全帯域用:15inch(38cm)同軸2ウェイ(K3808)
周波数特性 50Hz〜20kHz ±4dB
公称インピーダンス 8Ω(5.5Ω最小)
許容入力
70Hz〜1kHz: 120W(連続)
500W(ピーク)
1kHz〜20kHz: 60W(連続)
250W(ピーク)
出力音圧レベル 96dB/W/m(50Hz〜20kHz)
116dB/120W/m(50Hz〜20kHz)
123dB/500W/m(ピーク)
第三高調波歪率 0.5%以下(90dB SPL、50Hz〜20kHz)
2.0%以下(110dB SPL、100Hz〜15kHz)
5.0%以下(114dB SPL、100Hz〜10kHz)
クロスオーバー周波数 1kHz(12dB/oct)
コントロールネットワーク 1.5kHz〜4kHz(-1.5dB〜+3.0dB、4ポジション)
3kHz〜20kHz(-3.0dB〜+3.0dB、5ポジション)
5kHz〜20kHz(-1.5dB/oct〜-6.0dB/oct、4ポジション)
外形寸法 幅1070×高さ1525×奥行730mm
重量 85kg
別売 単体エンクロージャー Autograph K3808/Autograph HPD(1台、\500,000)