オーディオの足跡

セカイモンで海外の機器を探す

TA-F333ESの画像
 解説 

プログラムソースの多様化に標準を合わせ誕生したプリメインアンプ。

オーディオ・カレント・トランスファ方式を採用しています。
プリアンプ部とパワーアンプ部の間に、カレント変換アンプを挿入しており、電圧信号として出てくるプリアンプ部の出力をいったん電流信号に変換し、その後カレント変換アンプ終段に設けられたリニアゲインコントロール方式アッテネーターにより改めて電圧信号に戻すという方式です。
これにより、パワーアンプから見たプリアンプは無限大のインピーダンスを持ち、電気的に完全に分離した状態になっています。
同時にL・Rチャンネル間もセパレート化されており、これらによって、プリ・パワー及びL・Rごとに独立した特性追及が可能となっています。
また、スイッチやコネクターの接触抵抗、線材の持つ固有インピーダンスなど音を汚す要因を無視できています。

オーディオ・カレント・トランスファ方式によりリニアゲインコントロール方式アッテネーターを音量調整用ボリュームに採用しており、諸特性が良好になっています。

パワーアンプ部には電源干渉を排除するESフィルター、パワーアンプ部出力段のスイッチング歪、クロスオーバー歪を広帯域にわたり減少させるスーパーレガートリニア方式を採用しています。

5系統のオーディオ入力に加え、2系統の映像入力を装備しており、映像ダビングも可能です。
また、モニターTVが接続できるMonitor TV Out端子を装備しています。

MCカートリッジに対応したフォノ・イコライザーアンプには、高域応答特性に優れ、TIM歪を追放するローノイズHi-gmFETを採用しています。
また、これ以外にもLC-OFCを使った配線材の採用や、磁気歪を低減する高剛性銅メッキシャーシ、大容量コンデンサ、放熱性の高い大型ヒートシンクなどのパーツを投入しています。

電源を入れた後、アンプが安定した動作に移るまでのミューティング状態を点滅で知らせるスタンバイインジーケーターを装備しています。

MCカートリッジ(40Ω/3Ω)も接続できるカートリッジロードセレクターを搭載。

スピーカーA/B/OFFの切替スイッチ、トーンコントロール回路をパスするダイレクトスイッチを搭載。

スピーカー保護回路搭載。

別売りでサイドウッドがありました。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
定格出力 140W+140W(20Hz〜20000Hz、0.008%、4Ω)
高調波歪率 0.002%(8Ω、10W)
S/N比 Phono MM:83dB
Phono MC:71dB
ダイナミックレンジ 120dB
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 248W
外形寸法 幅430×高さ135×奥行425mm
重量 13.5kg
別売 サイドウッド TAC-125(\4,400)