オーディオの足跡

INT1の画像
 解説 

アンセムブランドで発表された管球式プリメインアンプ。

INT1は純管球式回路構成を採用しています。
また、回路は広帯域にわたって歪と出力インピーダンスを抑えるように考慮して設計されており、少量のNFBを効果的に適用することで音楽性とエネルギー感を損なわずに低域の性能向上を図っています。

プリアンプ部は12AU7によるSRPPを採用しています。

メインアンプ部は12AU7による古典的なムラード型位相反転回路を12AT7による入力ステージのシングル・トライオード部で駆動しており、低歪率・広帯域を維持しつつプッシュプル動作に必要な電圧を確保しています。
出力段は片チャンネルにつき4本の5極管EL84をウルトラ・リニア接続で用いたパラレルプッシュプル構成を採用しています。

電源部は3ステージのレギュレーションを備えており、入力部のノイズを低減するとともに電源周りの干渉を排除しています。
また、電源インピーダンスを下げることによってステージ間の干渉を改善し、安定度を高めてチャンネル間のクロストークも低減しています。

回路基板はミリタリーグレードの素材を使用し、プリント回路のレイアウトにもシグナルパス条件が一定に維持されるよう注意がはらわれています。
また、コンデンサーにはMITやソーレン、抵抗にはホルコをはじめとする高精度パーツを厳選して使用し、高音質化を図っています。

フロントパネルの仕上げにはシルバーとブラックの2色のバリエーションがありました。

機種の定格
型式 管球式プリメインアンプ
出力 25W+25W(4Ω、8Ω)
入力インピーダンス Line:47kΩ
出力インピーダンス 8Ω、4Ω
全高調波歪率 0.2%以下(1kHz、25W)
周波数特性 10Hz~65kHz -3dB(25W)
S/N比 83dB以上(25W、A-Weight)
増幅度 +40dB
使用真空管 EL84/6BQ5x8本
12AU7/ECC82x4本
12AT7/ECC81x1本
最大消費電力 358W(100V、50Hz/60Hz)
外形寸法 幅480x高さ134x奥行300mm
重量 15.5kg