オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

3009/Series IIIの画像

SME 3009/Series III \75,000(1979年頃)

解説
超軽量・ハイコンプライアンスカートリッジに対応した高感度トーンアーム。

シェルとパイプアームを一体化したSME独自のキャリングアーム方式によって有害振動の減衰を図っています。

パイプアームには極薄チタニウムを使用しており、パイプの表面だけを窒素硬化処理で硬度を与え、さらに内部には繊維質のライニングを張ってカートリッジから伝わってくる微振動を自然に減衰させています。
また、メインウェイトなどの重量を必要とする部品には100トンプレスで加工されたカーボンファイバーを使用することで、一層の高感度と慣性モーメントの低下を図っています。

シェル部にはカーボンファイバーを採用しています。

SMEの代表的な技術であるナイフエッジ部にはカーボンファイバーを採用しています。
さらに、ナイフエッジをヘッドシェル方向に対して直角に配置させることで、エッジの先端位置を標準的なカートリッジのスタイラスと同じ高さにそろえ、メインウェイトをパイプアームの高さより下に配置しています。この新しい支点配置によってナイフエッジの摩擦抵抗をゼロに近づけることに成功しています。
また、この構造はアームの浮き上り現象に対しても有効な働きを示しています。

カートリッジ実装時でのピックアップ系全体の低域共振・機械振動を低減する独自のフルイドダンパーを装備しています。
このダンパーにはオイルダンプ方式を採用しており、シリコン液の流動特性を利用することで、わずかな共振でありながら低域に重大な影響を及ぼす低域共振を低減しています。
 
 
別アングルの写真
詳細寸法図 キャリングアーム
 
機種の定格
※仕様内の(L)(H)(T)(D)(R)(C)の位置は上の画像を参考
型式 トーンアーム
実効長 229.0mm
スライドベース中心からターンテーブル中心まで(L) 215.9mm
スライドベース移動範囲 ±12.7mm
取付面からアーム最後部までの高さ調整範囲(H) 最高:82.6mm
最低:60.3mm
取付面からターンテーブル上面までの高さ調整範囲(T) 最高:41.3mm
最低:25.4mm
取付面から下方に必要な深さ(D) 47.6mm
バランスウェイトの移動のために必要な後方間隔(R) 63.5mm
ターンテーブル上面からダストカバー内側までの間隔(C) 44.5mm
別売 キャリングアーム CA1(\12,000)