オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ST-3000の画像

OPTONICA ST-3000 \65,000(1974年頃)

解説
エアチェックを考慮した機能を搭載したFM/AMチューナー。

低歪率特性と高選択度特性を両立させるため、フェイズリニアセラミックフィルタと差動IC回路を採用しており、IF段における位相特性をリニアにし、さらにバンドパス特性の改善を図っています。

マルチパス成分を検知するため、マルチパス成分をモニターできる回路を搭載しています。
さらにマルチパス検知メーターや、オシロスコープ検知用の端子を搭載した3検知方式を採用しています。

MPX部にはPLL MPX回路を採用しており、MPX回路に不可欠であったコイルを追放しています。
従来のMPX回路ではステレオセパレーションがコイルの位相変化の影響を受けやすくなっていましたが、PLL回路では自動的に位相変化を補正するため長期にわたって安定したセパレーションが得られます。

エアチェックキャリブレーターを搭載しています。
スイッチをONにするとFM信号に相当するレベル信号が発信されます。これを利用してテープデッキの録音レベルを0VUに設定することができ、レベルミスを防止できます。

フロントエンド部はRF2段、ミキサー段にデュアルゲートMOS-FETを採用した4連バリコンで構成しています。

入力アッテネーターを搭載しており、強電界地域でも安定した受信が可能です。
アッテネーター挿入時にはバンドパスフィルター(76MHz〜90MHz)も入ります。

大型2メーターを搭載しています。
シグナルメーターには対数圧縮式を採用することでシグナルレベルに比例したメーター指示を可能にしています。

AMチューナー部には3連バリコンと復同調回路を採用しており、広帯域特性を確保することで選択度や音質の改善を図っています。

誘導M型フィルターによるSCトラップを採用しており、音質の品位向上を図っています。

ハイブレンドスイッチを搭載しており、弱信号ステレオ受信時のノイズを軽減できます。

モノリシックICを用いたミューティングスイッチを搭載しており、局間ノイズや放送サイドのノイズをカットできます。

出力ボリュームを搭載しています。

出力端子には固定と可変の2系統を搭載しており、使用アンプに合わせられます。
出力部はエミッタフォロアーを搭載しています。

FMアンテナ端子は2系統搭載しています。

FM4チャンネル用出力端子を搭載しています。
 
 
 
機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス 75Ω(不平衡)
300Ω(平衡)
感度(IHF) 1.7μV
歪率(400Hz、100%変調) mono:0.2%
stereo:0.4%
SN比 72dB(100%変調、1mV入力)
イメージ比 115dB
選択度(IHF) 70dB
ハーモニックスプリアスレスポンス 100dB
AM抑圧比 60dB
キャプチャーレシオ 1.0dB
ステレオセパレーション 45dB(1kHz)
35dB(50Hz〜10kHz)
キャリアリーケージ -60dB
マルチパスインピーダンス H:130kΩ
V:30kΩ
周波数特性 20Hz〜15kHz +0 -0.5dB
FM出力レベル
(400Hz、100%変調)
可変:0〜1.2V
固定:0.8V
<AMチューナー部>
受信周波数 530kHz〜1605kHz
感度 10μV(IHF)
250μV/m(バーアンテナ)
歪率 0.7%
SN比 50dB(30%変調、1mV入力)
イメージ比 65dB
選択度(IHF) 40dB
IF妨害比 65dB
AM出力レベル
(400Hz、30%変調)
可変:0〜0.3V
固定:0.2V
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 23W(定格)
外形寸法 幅442×高さ144×奥行380mm
重量 10kg