オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ST-2500の画像
 解説 

5連バリコンやエアチェックキャリブレーターなどの充実した設計がされたFM/AMチューナー。

フロントエンド部には周波数直線型の5連バリコンと低雑音デュアルゲートMOS FET3個を用いた回路を採用しています。

エアチェックキャリブレーターを搭載しており、FM放送の標準変調信号に相当する発振器を内蔵しています。
この機能ではスイッチをONにすると400Hzの信号が発信されます。この信号をテープデッキの入力信号としてテープデッキの録音レベルメーターを0VUに設定すれば、放送変調レベルにほぼ正しいレベル設定ができ、エアチェックミスが防げます。
この信号はスピーカーの位相チェックやバランスチェックなどのチェック用信号としても活用できます。

2重のマルチパス検知方式を採用しており、耳でモニターできるサウンドモニター回路とオシロスコープを接続して検知できるマルチパスモニター端子を搭載しています。
特にサウンドモニター回路はマルチパスの有無が音となって現れるため、アンテナの方向を決定するのに活用できます。

IF段には2素子フェイズリニアセラミックフィルタを3段構成で採用しており、低歪かつ実効選択度70dBを確保しています。さらに高集積ICによって十分なリミッタを得られ、広帯域ディスクリート回路と共に優れた特性を得ています。

MPX部にはPLL回路を採用しています。
PLL回路ではMPX復調信号とFM放送のパイロット信号を常に同位相にするよう自動制御しています。これにより周囲の条件が変化しても安定性が高くなっています。また、MPX回路で不可欠だったコイルが不要となるため安定したセパレーションが得られます。
さらに、シャープな特性のローパスフィルターで不要高域をカットし、キャリアリーク抑圧比65dBを確保し、録音時のビート妨害や混変調も防止しています。

2メーター式となっており、シグナルメーターとチューニングメーターを搭載しています。

連続可変式の出力調整ボリュームを搭載しています。

固定と可変の2系統の出力端子を搭載しています。

220mmのロングスケールと大型フライホイールを採用しています。

300Ωと75Ωの2系統のアンテナ端子を搭載しています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76〜90MHz
アンテナインピーダンス 300Ω(平衡)、75Ω(不平衡)
感度 1.5μV(IHF)
歪率(400Hz、100%変調) mono:0.2%
stereo:0.3%
SN比 70dB
キャプチャーレシオ 1.0dB
選択度 70dB以上
イメージ妨害比 120dB以上
IF妨害比 110dB以上
AM抑圧比 50dB以上
スプリアス妨害比 110dB以上
ステレオセパレーション 45dB(1kHz)
35dB(50Hz〜10kHz)
キャリアリーケージ 65dB
周波数特性 20Hz〜15kHz +0 -1dB
マルチパス観測端子 H:130kΩ
V:30kΩ
<AMチューナー部>
受信周波数 530〜1605kHz
感度 15μV(IHF)
300μV/m(バーアンテナ)
イメージ比 45dB
SN比 50dB
選択度 40dB
歪率 0.7%
<総合>
FM出力(400Hz、100%変調) 可変:0〜1.2V
固定:0.7V
AM出力(400Hz、30%変調) 可変:0〜0.3V
固定:0.2V
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 9W(電気用品取締法)
外形寸法 幅442×高さ144×奥行380m
重量 10kg