オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ST-1000の画像

OPTONICA ST-1000 1973年発売
\44,000(1975年頃)

解説
PLL MPX回路を搭載したFM/AMチューナー。

フロントエンド部にはデュアルゲートMOS-FETを2個採用しており、AGC特性を得ることで歪率、セパレーション、選択度などの諸特性が電波の強さによる影響を受けにくくなっています。また、混変調も受けにくく近距離の局での歪や雑音の発生を低減しています。
また、バリコンにはFM4連+AM3連の7連バリコンを採用しています。

IF段ではICを2個用いた4段差動増幅回路によって十分なリミッターを得ています。
また、セラミックフィルター3個とIFT1個を組み合わせることで選択度を向上させており、妨害排除能力を向上させています。

MPX回路にはPLL方式を採用しています。
ST-1000では新開発のPLL回路用ICを採用しており、従来のMPX回路で不可欠であったコイル3個を排除し、調整箇所が半固定ボリューム1個となり、経時変化に強い回路を実現しています。また、従来のMPXではセパレーションはコイルの位相変化(経時変化)の影響を受けやすく、長期にわたって初期のセパレーションの維持は困難でしたが、PLL方式は自動的に位相のズレを抑え安定したセパレーションが得られます。

電波の入り口に直接AGCをかけるRFB-AGCを開発・搭載しています。
これにより強電界で歪が発生する心配がありません。また、RF増幅によって感度、妨害排除比ともに優れた性能を得ています。

出力調整ボリュームを搭載しています。

FMミューティング回路を搭載しており、局間ノイズや離調時のノイズを抑えています。

電源部には漏洩磁束の少ないカットコアトランスを搭載しています。

別売りで木製キャビネットがありました。
このキャビネットはプリメインアンプSM-1000と共通のもので、レコードプレイヤーRP-1000やスピーカーシステムCP-1000と同じ仕上げとなっています。
 
 
 
機種の定格
型式 FM/AMチューナー
回路方式 スーパーヘテロダイン方式
PLLステレオ復調回路
ミューティング回路つき
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
IF周波数 10.7MHz
IHF実用感度 1.8μV
イメージ妨害比 100dB
IF妨害比 85dB
実効選択度 65dB
キャプチャーレシオ 1.5dB以下
AM抑圧比 50dB
SN比 65dB以上
歪率 mono:0.3%
stereo:0.5%
ステレオセパレーション 40dB(1kHz)
出力電圧 1V
0〜1V可変
<AMチューナー部>
受信周波数 535kHz〜1605kHz
IF周波数 455kHz
実用感度 400μV/m以下(輻射)
IF妨害比 50dB(600kHz)
イメージ妨害比 55dB(1400kHz)
歪率 1.5%
<総合>
使用半導体 IC:4個
FET:2個(デュアルゲートMOS-FET)
トランジスタ:12個
ダイオード:19個
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 18W
外形寸法 幅390×高さ125×奥行290mm
重量 5.5kg
別売 木製キャビネット SY-1000(\4,300)