オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CP-5000のCP-R3の画像
 解説 

忠実再生を追及し、新しい手法と素材を駆使して開発されたスピーカーシステム。

低域には30cmコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットの振動板にはNew B&B(Beating Pulp and excellent Bast Fiber)振動板を採用しています。B&Bコーン紙は、振動板の理想とする条件を満たすためにオプトニカが開発したもので、従来の北欧産パルプに強靭な和紙を特殊配合しています。CP-5000に採用されたNew B&Bコーン紙は、B&Bコーン紙をアルカリ叩解中性サイジング処理したもので、さらに強靭な振動板を実現しています。
さらに、大振幅時における歪の発生を抑えるロングとラベルボイスコイルを採用しています。また、低電気抵抗の銅キャップを装着した磁気回路を採用しており、大入力時にボイスコイルから発生する交流磁束のうち磁気回路を一巡する磁束を打ち消し、第2高調波、第3高調波歪の発生を抑えています。
また、大入力によるフレーム自体の振動発生を抑制し、音の解像度を高めるため、構造的に振動や共振に強いアルミダイカストフレームを採用しています。

中域には5cmドーム型スコーカーを搭載しています。
振動板にはアルミナブレンド振動板を採用しています。これは、音響再生のための優れた特質を持つ新開発のアルミナ繊維と、パルプ繊維を混合成型し、さらに特殊アクリル樹脂でコーティングすることで、ハードドームとソフトドームの特徴を併せ持っています。
さらに、foを260Hzと低くすることで位相回転の大きい帯域の使用を避け音像定位を安定させた有効ポールとバックキャビティ、アルミボイスコイルによる能率向上、イコライザによる指向性の向上とレスポンス改善、アルミダイカストフレームの採用などによって中音域の音質を改善しています。

高域にはリボン型トゥイーターを搭載しています。
このユニットでは、高純度硬質アルミ箔の振動板自体がボイスコイルとして駆動することで極めて軽質量を実現しており、高域特性や過渡特性に優れた再生を可能にしています。さらに、線状音源であるため、左右方向の指向特性も優れています。

ネットワーク部には、ウーファーとスコーカーにリアクタンス補償回路を挿入した12dB/octディバイディングネットワークを採用しています。
定数決定には電気的特性の検討と聴感によるテストを重視し、徹底的な使用の結果決定しています。特にスコーカーとトゥイーターの伸びや切れの良い音と立ち上がり特性を重視し、トゥイーター部のハイパス回路には損失の極めて少ないメタライズド・ポリエステル・フィルム・コンデンサを採用しています。

フロントバッフルには高域ユニットと中域ユニット用のレベルコントロールを搭載しており、+3dBからMINの範囲で連続可変ができます。

エンクロージャーにはエッジレスタイプを採用しており、ユニットから再生された音波の波面の乱れを抑えています。
また、内部の吸音材には、過渡特性や周波数レスポンスを改善してクリアな低音再生を実現するため、吸音率の高い吸音材を充填しています。

マルチアンプ再生用の端子を搭載しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
使用ユニット等 低域用:30cmコーン型
中域用:5cmドーム型
高域用:リボン型
再生周波数帯域 30Hz〜50kHz
最大許容入力 63W(MPO)
連続入力 25W
インピーダンス
音圧レベル 90dB/W
クロスオーバー周波数 500Hz、6kHz(LC型、12dB/oct)
レベルコントロール 中域用連続可変型
高域用連続可変型
内容積 65L
外形寸法 幅400×高さ700×奥行339mm
重量 28kg