オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CP-3830の画像
 解説 

ガウス社のユニットを独自設計のエンクロージャーに収めたスタジオモニタースピーカーシステム。

低域にはガウス31シリーズの5831Fを搭載しています。
このユニットは、バスレフ型エンクロージャー用に開発された、ハイコンプライアンス、ローQのハイファイシリーズのもので、高能率・大入力設計がされています。

中域にはガウスコンプレッションドライバーHF-4000とオプトニカオリジナルの4110ディフレクションホーンを組合わせたホーン型ミッドレンジを搭載しています。

高域にはガウスのホーントゥイーター1502を搭載しており、大形フィン付磁気回路と精密加工された独自のマルチイコライザー設計により耳障りの無い高音を実現しています。
このユニットには、3.8cmのアルミ合金製で精度よく成型されたダイアフラム、エッジワイズ巻アルミボイスコイルを使用し、磁束密度は20,000gaussのマグネットを採用しています。

ネットワーク部には、使用パーツに最新の注意を払った音質重視の低損失ネットワークを採用しています。

エンクロージャーは特に低域のしまりを意識し、構造的に充分検討を加えて設計されています。さらに、音波面の乱れを無くし、優れた指向特性が発揮できるようエッジレスタイプとしています。
仕上げはホワイトコーティング仕上げとなっています。

マルチアンプ駆動が可能です。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット等 低域用:コーン型(5831F)
中域用:ホーン型(HF-4000+4110)
高域用:ホーン型(1502)
再生周波数帯域 30Hz〜20kHz
出力音圧レベル 100dB/W/m
最大入力 300W
インピーダンス
クロスオーバー周波数 800Hz、7kHz
レベルコントロール 中域、高域連続可変
内容積 180L
外形寸法 幅620×高さ980×奥行566mm
重量 75kg
<マルチアンプ使用時>
音圧レベル ウーファー:97dB/W/m
スコーカー:110dB/W/m
トゥイーター:113dB/W/m
インピーダンス ウーファー:8Ω
スコーカー:16Ω
トゥイーター:8Ω
定格入力 ウーファー:150W
スコーカー:40W
トゥイーター:30W
推奨クロスオーバー周波数 低-中域:800Hz
中-高域:7kHz
減衰量 低-中域:12dB/oct
中-高域:12dB/oct