オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CP-2500の画像
 解説 

New B&Bコーンを採用したブックシェルフ型スピーカーシステム。

低域にはNew B&Bコーンを用いた25cmコーン型ウーファーを搭載しています。
オプトニカ独自のB&B(Beating Pulp and excellent Bast Fiber)コーンは、従来の北欧産パルプに和紙を特殊処理して配合したもので、軽さと高ヤング率を確保しつつ、適度な内部損失を確保しています。CP-2500に採用されたNew B&Bコーンでは、B&Bコーンにアルカリ叩解中性サイジング処理を施し強度を高めています。
このウーファーでは、歪を低減するために、磁気回路のポールピースに第二、第三高調波歪の発生を抑える低電気抵抗アルミショートリングを設けています。また、大振幅時の歪を抑えるプレート厚の約2倍の巻幅を持つロングボイスコイルや、アルミダイカストフレームを採用し、低歪化を図っています。

中域にはアルミナ繊維を配合した4cmドーム型スコーカーを搭載しています。
このユニットの振動板は、アルミナ繊維とパルプ繊維を混合成型したものに特殊アクリル樹脂でコーティングを施したもので、ハードドームとソフトドームの特徴を合わせ持っています。
さらに、有孔ポールを採用することでfoを260Hzと低くし、さらに位相回転の大きい帯域での使用を避けることで定位感を安定させています。また、大きいバックキャビティや、能率を向上させるアルミボイスコイル、アルミダイカストフレームなどによって高音質化を図っています。また、前面にイコライザを搭載することで指向性の向上とレスポンスの改善を図っています。

高域には中域と同様にアルミナ繊維を配合した2.4cmドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットでは能率向上のためアルミボイスコイルを採用しています。また、前面にイコライザを搭載することで指向性の向上とレスポンスの改善を図っています。

ネットワークは12dB/octのLC型低損失ネットワークを採用しています。また、ウーファーとスコーカー部にリアクタンス補償回路、トゥイーター部のハイパス回路には損失が少ないメタライズド・ポリエステルフィルム・コンデンサを採用しています。

前面バッフル部には高域ユニット用と中域ユニット用のレベルコントロールを搭載しており、+3dBからMINまで連続可変できます。

エンクロージャーは、箱鳴きによる音の濁りを防止するため構造的に充分な検討が加えられています。また、ユニットより再生された音波の乱れを抑えるため、エンクロージャーのエッジをカットしたエッジレスタイプとしユニットも直線配置としています。
さらに、内部の吸音材には吸音率の高いものを使用することで良好なQ特性を得ています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
使用ユニット等 低域用:25cmコーン型
中域用:4cmドーム型
高域用:2.4cmドーム型
再生周波数帯域 40Hz〜20kHz
最大許容入力 50W
インピーダンス
音圧レベル 90dB/W
クロスオーバー周波数 600Hz、5kHz(LC型、12dB/oct)
レベルコントロール 中域用連続可変型
高域用連続可変型
内容積 40L
外形寸法 幅320×高さ580×奥行318mm
重量 18kg