オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

RT-W7の画像
 解説 

新開発S&S(センダスト&センダスト)ヘッドを採用したダブルカセットデッキ。
録音専用デッキと再生専用デッキを一体化した構成となっています。

録音ヘッドにはワイドギャップ(3μm)録音専用S&Sヘッド、再生ヘッドにはナローギャップ(0.8μm)再生専用S&Sヘッドを採用しています。

ダビング時のレベル調整や失敗を防ぐダビングスイッチとダビングスケール付レベル調整機能を搭載しています。
また、使用テープの特性を引出すバイアス・アジャストの採用で、周波数特性や歪率を改善しています。

再生デッキ、録音デッキのそれぞれにドルビーNR回路を搭載しています。
ベストマッチングを図るため、共に同一規格の素子を採用しており、特に録音側にはMPXフィルターを設け、FMエアチェック時の回路誤作動を防止しています。

ダビング操作時に、録音側ポーズを解除すると再生メカと録音目かが同時にスタートするワンタッチ同時スタート機構を搭載しています。

音楽信号を表示するFLメーターを搭載しており、適正な録音レベルが設定できるピークホールドスイッチも採用しています。
さらに、ラインアウト、ヘッドホン出力、メーターレベルを同時に切換えるモニター切換えスイッチを採用しています。

録音操作およびタイマースタンバイ録音の操作が可能なワンボタン録音システムを採用しています。

ヘッドアンプにはローノイズICL(インプットキャパシターレス)アンプを採用しています。

駆動部にはFGサーボモーターを搭載しています。

再生デッキには一発選曲APSS機構、録音デッキには無信号部分を作るエディタースイッチを搭載しています。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
テープ速度 4.75cm/s
モーター FGサーボDCモーター
ヘッド テープ1:S&Sナローギャップ再生専用ヘッド
      テープシッターヘッド
テープ2:S&Sワイドギャップ録音専用ヘッド
      ダブルギャップフェライト消去ヘッド
ワウ・フラッター 0.045%(WRMS)
周波数特性 20Hz〜17kHz(ノーマル)
20Hz〜19kHz(クローム)
20Hz〜22kHz(メタル)
SN比 Dolby off:60dB(メタル)
Dolby on:70dB(5kHz以上)
歪率 1%以下
消費電力 30W
外形寸法 幅430×高さ110×奥行320mm
重量 7.4kg