オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

RT-W5の画像

SHARP/OPTONICA RT-W5 \69,800(1981年頃)

解説
マイクミキシング機能を搭載したダブルカセットデッキ。

編集の便利さを追求してハイスピード・ダビングスイッチを採用しており、テープ1とテープ2の走行速度が互いに2倍速となり、編集時間を半減できます。

メカニズム部は、ソフトタッチコントロールの録音専用、再生専用メカをそれぞれ搭載した2メカの一体のWメカニズムを採用しています。録音系と再生系を独立させることで、それぞれの性能を最大限に発揮させています。

ヘッドには独自に開発した無酸素銅ヘッドを採用しています。このヘッドはコイルに無酸素銅に使うことで、伝送特性を向上し、歪成分を減少しています。
録音用ヘッドは3μmのワイドギャップとすることで高い録音感度と周波数特性を実現しています。また、再生用ヘッドは0.8μmの超ナローギャップとし、ギャップ損失を極少に抑えています。
消去用には消去効果の高いダブルギャップフェライトヘッドを採用しています。

録音レベル調整ツマミにはダビングスケールを設けており、録音するテープのタイプに合わせてダビング・レベル・コントロールボリュームを合わせるだけで確実なテープ編集が可能です。

再生メカと録音メカが同時にスタートするテープ編集ワンタッチスタート機構を搭載しており、中央のダビング・スタート/ポーズボタンで、再生側と録音側のポーズを同時に解除し、もう一度ボタンを押すと同時にポーズとなります。

テープ走行には、フライホイールの回転力を利用しメカニズムの動作切換えを行うソフトタッチコントロールメカニズムを搭載しています。

センターマイク・ミキシング機能を搭載しています。

一発選曲APSS機能を搭載しており、今聴いている曲をもう一度聴きたい場合や次の曲がすぐ聴きたい時に、曲の始めを探し出し自動的に演奏を開始します(テープ1個)

エディタースイッチを搭載しており、録音時に曲と曲の間に無信号部を作れます(テープ2のみ)

メカニズム部には2スピードFGサーボモーターを採用しています。

録音レベルや内容の確認ができるプレイ・モニター機能(テープ2のみ)を搭載しています。

テープ特有のヒスノイズを除去できるドルビーNRシステムを搭載しています。

録音レベルや再生レベルを把握できるピークインジケーター付レベルメーターを搭載しています。

タイマースタンバイ機構を搭載しています。
 
 
 
機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
テープ速度 4.75cm/s、9.5cm/s(ダビング時のみ)
モーター 2スピードFGサーボモーター
ヘッド テープ1:SH無酸素銅ナローギャップ再生専用ヘッド
      テープシッターヘッド
テープ2:SH無酸素銅ワイドギャップ録音専用ヘッド
      ダブルギャップフェライト消去ヘッド
ワウ・フラッター 0.048%(WRMS)
周波数特性 20Hz〜16kHz(ノーマル)
20Hz〜18kHz(クローム)
20Hz〜20kHz(メタル)
SN比 Dolby off:60dB(メタル)
Dolby on:70dB(5kHz以上)
歪率 1%以下
消費電力 16W
外形寸法 幅430×高さ123.5×奥行286mm
重量 5.4kg