オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

RT-1400の画像

OPTONICA RT-1400 \44,800(1975年頃)

解説
スペースポーズ機能を搭載したステレオカセットデッキ。

録音時に曲間に無信号部分を作るスペースポーズ機構を搭載しています。
録音中にスペースポーズボタンをONにすると同時に入力信号がカットされ、無信号のままテープは約4秒間走行した後、自動的に停止します。スペースポーズボタンをOFFにすると再び録音が再開されます。
なお、スペースポーズ動作中に録音に移りたい場合は、ボタンをOFFにするだけで録音状態となります。

ノイズリダクションシステムとしてドルビーシステムを搭載しています。
ドルビーシステムでは、録音時に中高域のピアニシモの部分を自動的にレベルをあげ、信号とノイズのレベル差を大きくして録音します。そして、再生時には自動的にもとのレベルに下げることで、レベル分だけヒスノイズが減少します。

VUメーターで追従できないパルシブな大入力を検出するためLEDによるピークレベルインジケーターを搭載しています。
インジケーターの点灯レベルは+6dBとなっています。

カセットイルミネーションを搭載しており、カセットホルダーの中をテープの下方から照明することで、暗い所でもテープの走行や残量の確認ができます。

-20dBから+5dBまで刻まれた左右独立VUメーターを搭載しています。

録再ヘッドには新開発のPF(パーマネントフィデリティ)ヘッドを採用してます。
このヘッドはフェライトヘッドの優れた硬度と寿命、パーマロイヘッドの音質をミックスした特長を備えています。また、ヘッド面は高度の研磨技術による鏡面仕上げが施されています。

メカニズム部には電子制御DCモーターを採用しています。
モーターを駆動させるDC電源を電子制御回路でコントロールすることで、安定した電源をモーターに供給し、電圧変動や負荷変動による回転ムラを防ぎ、定速回転を維持します。
また、直流モーターなので誘導雑音やハムの影響が無く、電源周波数が変わってもそのまま使用できます。

左右独立の60mmロングスケールスライド式録音レベルボリュームを採用しています。

フルオートストップ機構を採用しており、テープが巻き取られると操作ボタンや各圧着部分が自動的に解除され、メカニズムが停止状態となります。これによりテープやメカに負担がかかるのを防止しています。

テープ再スタート時の立ち上がり特性に優れたメカニカルポーズ機構を採用しています。

クロームテープに対応したテープセレクタースイッチを搭載しています。
使用するテープにあわせてスイッチを切替えることで、テープの特性差を補正する録音イコライザとバイアスと同時に、録音感度や再生イコライザも切替り、テープの特性をいかした録音が可能です。

スペースポーズ、ピークレベル、録音の各インジケーターにはLEDを採用しています。

アンプ回路には広帯域、低歪率、低雑音のICを採用しています。

ワンタッチリセット式のテープカウンターを搭載しています。

ステレオヘッドホン端子を採用しています。
 
 
電子制御DCモーター
 
機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
トラック方式 4トラック2チャンネルステレオ
使用テープ フィリップス規格コンパクトカセットテープ
一般テープ、ローノイズテープ、クローオムテープ
録音方式 交流バイアス(84kHz)
消去方式 交流消去(84kHz)
ヘッド 録再ヘッド、消去ヘッド
モーター 電子制御DCモーター
テープ速度 4.8cm/s
早送り時間 80秒(C-60)
巻戻し時間 80秒(C-60)
ワウ・フラッター 0.09%(WRMS、JIS)
周波数特性 30Hz〜15kHz(クローム)
30Hz〜12.5kHz(ノーマル)
SN比 Dolby off:52dB
Dolby on:56dB
歪率 1.0%
最小入力レベル/インピーダンス ライン:50mV(-26dB)/470kΩ
マイク:0.2mV(-74dB)/500Ω
出力レベル/インピーダンス(0VU時) ライン:500mV/50kΩ
ヘッドホン:0.5mW/8Ω
DIN端子(0VU時) 規定入力:30mV/9kΩ
規定出力:500mV/50kΩ
使用半導体 トランジスタ:13個
IC:4個
ダイオード:27個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9W
外形寸法 幅406×高さ112×奥行256mm
重量 4.8kg
付属 DINコード
ヘッドクリーニングバー