オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

TU-5900の画像
 解説 

高忠実度なFMステレオ再生をテーマに開発されたFM/AMチューナー。

フロントエンド部のRF段には高周波特性が優れ、かつ低雑音のデュアルゲートMOS型FETを使用しており、同調精度が高く精密仕上げの周波数直線型4連バリコンと組み合わせています。これにより妨害信号などの排除能力を十分に備えています。

IF部には広帯域で選択度特性の良い2素子セラミックフィルターを3段構成(6素子)で使用しており、選択度特性を向上させています。また、リミッター段に高集積度モノリシックICを用い、高いリミッター特性を得ることで安定した受信と優れたS/N比を得ています。
検波段には広帯域のクオドラチュア検波を採用しており、歪の大幅な低減を実現しています。

MPX部にはICを用いたPLL方式を採用しており、優れたセパレーション特性と低歪率を獲得しています。

AMチューナー部は高集積度のICに加えてRF1段を設けた高感度設計となっています。特にIF部にヤーマンタイプの2素子セラミックフィルターとICを使用することで歪の少ない回路としています。
また、夜間などに発生するビート音を防止するためホイッスルフィルター回路を搭載しており、AM放送の音質向上を図っています。

電源部にはレギュレーションの良い電源トランスを使用しています。
また、定電圧電源回路による安定化電源を全段に供給しており、各ブロック段は安定度の高い動作を実現しています。

FM MPXノイズキャンセラーを搭載しており、FMステレオ受信時に発生する高域ノイズをカットできます。

2系統のFMアンテナ入力端子を搭載しています。

FMアンテナアッテネータースイッチを搭載しており、強力な電波や弱い電波のレベルに応じて最適な入力レベルでFM放送の受信ができます。

アウトプットボリュームを搭載しており、出力レベルの調整が可能です。
また、録音専用の出力端子も搭載しています。

フェライトバーアンテナを搭載しています。

フロントパネルにはヘアラインを活かしたアルマイト仕上げのブラックパネルを採用しています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
実用感度(IHF) 1.8μV/10.3dBf(新IHF)
(最大許容入力125dB以上)
S/N50dB感度 mono:3.5μV/16dBf(新IHF)
stereo:45μV/38dBf(新IHF)
全高調波歪率 mono:0.25%以下(1kHz)
stereo:0.35%以下(1kHz)
S/N比 mono:70dB以上
stereo:60dB以上
実効選択度 60dB以上(±400kHz)
キャプチャーレシオ 2.0dB以下
AM抑圧比 55dB以上
イメージ妨害比(IHF) 50dB以上(83MHz)
IF妨害比(IHF) 75dB以上(83MHz)
スプリアス妨害比(IHF) 65dB以上(83MHz)
ステレオセパレーション(IHF) 30dB以上(100Hz)
40dB以上(1kHz)
30dB以上(10kHz)
周波数特性(IHF) 30Hz〜15kHz +1 -2dB
<AMチューナー部>
感度(バーアンテナ) 50dB/m(1,000Hz)
選択度 30dB以上(1,000Hz ±10kHz)
イメージ妨害比 30dB/m以上(1,000Hz)
IFリジェクション 30dB/m以上(1,000Hz)
<総合>
出力電圧(FM100%変調) 可変出力:0〜775mV
録音用出力:400mV
消費電力 18W
外形寸法 幅430×高さ132×奥行243mm
重量 6.4kg