オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

C-2301 VINTAGEの画像
 解説 

コントロールアンプの純化はどこまで可能なのかという命題に対し、集積した先端技術とノウハウを全面的に投入し、開発されたコントロールアンプ。
コンストラクション、クオリティパーツ、回路構成の3要素を妥協を排して徹底的に追及し、試聴と改良を繰り返して磨き上げています。

回路間の干渉の防止や磁気的・静電的フラックスによる音への影響の排除と、徹底した防振性の追及を行っています。
まず、シャーシ構造に着目し、メインシャーシには1.2mm厚の純銅板を採用しています。L・Rの回路はこの純銅シャーシを介して上下に配置されており、左右チャンネル間の相互干渉を断っています。
また、底板、入出力端子パネルにも純銅板を配し、非磁性体化とシャーシ本体の直流、交流インピーダンスの低減化を徹底させ、各アンプブロックをアルミ押し出し材により静電シールドしたユニット構造とし、フラックスの飛びつきや振動による影響を断っています。
さらに、アンプ基板のサスペンションは基板自体の振動を押さえ、同時に、スピーカーからの音圧など外来振動の影響を防ぐため、新たに面接触圧着法を採用しています。

抵抗、コンデンサー、半導体はもとより、トランスのコア材、ピンジャック、電源コードに至るまで厳選パーツのみを採用しています。
抵抗類には新開発のRMA抵抗を採用し、防振性を高めたモールド構造で、接合部は黄銅に金メッキを施してあります。
コンデンサー類は、グレートピュアフォーカス電解コンデンサーをはじめ、Nラムダコンデンサー、銅箔マイラーコンデンサー、スチロールコンデンサーなど、いずれも新開発の低歪化、ハイスピード化、無共振化を実現した最高グレード品を採用しています。
電源トランスは、リーケージフラックスが極小の新構造コアを採用したものを、L/R専用として2個搭載しています。
マスターボリュームは、音質、耐久性、精度を高めた超高級ディテント型を採用しており、抵抗体はガラスエポキシ板に蒸着された金属被膜に金メッキを施し、摺動子も200本の多合金ブラシとしています。
ピンジャックは、無垢の真鍮から削り出し、銅メッキの上に金メッキ処理を行ったもので、入出力端子パネルに強固にネジ止めし、接触部での信号ロスを防いでいます。
また、バランス出力端子は、スイス・ノイストリック社製プロ用の高級品を採用しています。

回路構成は、高S/N、広ダイナミックレンジ化を実現するため、イコライザーアンプ、ラインアンプ、バランスアンプとも純A級カスコード付プッシュプル構成となっています。
特に回路設計にあたっては、入力ソースの多くが直接ラインアンプにインプットされる現状をとらえ、ラインアンプを非常に重視した設計となっています。
音の純度を守るため、接点をいたずらに増やし、それ自体が磁気歪の発生源として有害なリレーを排除し、信号回路切替スイッチは、金メッキを施した磁性材料を採用しています。
また、電源回路は、トランスから整流回路、レギュレーターに至るまで全てを独立させた構成となっています。
MCトランスは、Low専用/High専用それぞれL/R独立2トランス構成とし、合計4トランスを採用した構造となっています。
コア材には低歪率、広帯域特性、リニアな磁気特性をもつ、オリジナルのスーパーパーマロイを採用しています。また、不要な振動を防止するため、特殊充填材を用い、トランス本体をフローティング構造でケースに収納するなど、徹底した無共振化を図っています。

+側だけでなく、−側にも一対のアンプ回路を設けたバランス増幅回路を採用しています。
これにより、信号系とアースラインを完全に分離できることから、アースラインに起因する諸問題を根絶しています。
そのうえ、信号系が完全なクローズドループとなるため、フラックスの飛込みなど外乱による音質への影響も少なくなっています。
また、パワーアンプB-2301との組合せで、ラインからスピーカー出力まで完全なバランスドライブが可能です。

テープ3系統、Phono2系統、ライン2系統、CD、Tuner、各1系統を搭載しています。
また、アダプター端子を搭載しており、グラフィックイコライザーやエキスパンダーなどのサウンドエフェクターを接続できます。

ソースダイレクト昨日を搭載しており、ラインレベルアンプをジャンプして出力可能です。レベルコントロール用アッテネーターを搭載しています。

Normal/Reverse/L+R/L/Rのフルモードを装備しており、マルチチャンネルシステム時のバランス調整などに便利jになっています。

センタースルー・バランスボリュームを搭載しており、センター位置ではバランス用アッテネーター通過せず、音質的に有利な構造となっています。

天然木目ボンネットとサイドウッド、ガラスフロントパネル、アルミメタル・フロントパネルを採用しています。

無垢金属削り出しコントロールノブを採用しています。

極性表示のついた極太電源コードを採用しています。

機種の定格
型式 ハイグレード・ステレオ・コントロールアンプ
入力感度/入力インピーダンス
Phono1、2 MM:2mV/47kΩ
High MC:2mV/100Ω
MC:70μV/3Ω、200μV/30Ω
Tuner、CD、Line1、2、Tape Play1、2、3: 150mV/47kΩ
最大許容入力(1kHz、THD 0.01%) Phono1、2 MM:350mV
Phono1、2 High MC:40mV
出力電圧/出力インピーダンス
Tape Rec(PIN) :150mV/50Ω
コントロールアンプ出力 ノーマル:1.2V/50Ω
バランス:+4dBm
周波数特性 Phono1、2 MM:10Hz〜300kHz ±0.2dB
Tuner、CD、Line1、2、Tape Play1、2、3:DC〜500kHz +0 -3dB
SN比
(Aネットワーク、ショートサーキット)
Phono1、2 MM:90dB
Phono1、2 MC:80dB
Tuner、CD、Line1、2、Tape Play1、2、3:110dB
外形寸法 幅474×高さ160×奥行422mm
重量 20.9kg