オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

AU-α607L Extraの画像
 解説 

AU-α607Extraをベースにオーディオ専用トランジスタのLAPTを採用したプリメインアンプ。

ローレベルでのリニアリティを向上するためパワー段に採用するトランジスタに着目し、新たにオーディオ専用に開発されたLAPT(Linear Amplification Power Transistor)を採用しています。
LAPTは、従来のメッキ材を排除して純銅材を採用し、ボンディングワイヤーに到るまで徹底して非磁性化したもので、従来使用されていた普及タイプとは生産工程から違う音質専用パーツとなっています。
これにより磁気歪の発生を排除しており、また素子の内部構造を改良することで遮断周波数を50〜60MHzと従来品の3倍も改善しています。

回路構成には-Xバランス回路を採用しています。さらに、初段のFETをカスケード接続としたNEWダイアモンド差動回路により、優れた高域特性を獲得しています。

電源部を中央に置き、大型ヒートシンカーにマウントされたパワーアンプ部を左右対称に分離して配置したツイン・モノラル・コンストラクションを採用しています。これにより、音質に悪影響を及ぼす振動源の干渉を断ち切り、優れた音像定位を獲得しています。
さらに、細部にわたり無振動・無共振の思想を徹底し、純銅製振動アイソレーションパーツを採用しています。

ノーマル入力2系統のパワーアンプ・ダイレクト機能を搭載しています。
CDプレイヤーなどの出力レベルは高いため、ストレートにパワーアンプに送り込むことで、デジタルの持ち味を発揮できます。

ソースダイレクト、レックセレクターなどの機能を搭載しています。

ボリュームには6連ディテントボリュームを搭載しています。

別売りでリアルサイドウッドがありました。

機種の定格
型式 インテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
実効出力
(10Hz〜20kHz、両ch駆動)
105W+105W(6Ω)
90W+90W(8Ω)
ダイナミックパワー 280W(2Ω)
220W(4Ω)
155W(6Ω)
全高調波歪率(実効出力時) 0.003%以下(8Ω)
混変調歪率 0.003%以下(8Ω)
ダンピングファクター 150(8Ω)
周波数特性(1W) DC〜300kHz +0 -3dB
入力感度/インピーダンス(1kHz) 1V/5kΩ
SN比(Aネットワーク) 120dB以上
TIM歪(SAWTOOTH) 測定限界値以下
スルーレイト 180V/μsec
ライズ・タイム 0.6μsec
<プリ部>
入力感度/インピーダンス(1kHz) Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:390μV/100Ω
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1、2、3:150mV/20kΩ
Phono最大許容入力 MM(THD 0.01%):210mV
MC(THD 0.1%):21mV
周波数特性 Phono MM:20Hz〜20kHz ±0.2dB
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1、2、3:DC〜200kHz +0 -3dB
SN比 Phono MM:88dB以上
Phono MC:70dB以上
CD、Tuner、Line、Tape/DAT1、2、3:110dB以上
トーンコントロール Bass:±6dB(50Hz)
Treble:±6dB(15kHz)
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB)、6dB/oct
ラウドネス +6dB(50Hz)、+4dB(10kHz)
<総合>
定格消費電力 250W
外形寸法 幅430×高さ160×奥行450mm
重量 18.0kg
別売 リアルサイドウッド SW-AU1(\10,000)