オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

RB-2000の画像
 解説 

AB級動作のDCパワーアンプ。

回路構成は、初段デュアルFET差動増幅3段カスケードブートストラップピュアコンプリメンタリープッシュプル+ダーリントン接続、全段直結OCL方式・DCアンプ構成となっています。
デュアルFETには熱的、電気的に特性の優れたローノイズタイプのものを厳選し、DCアンプ初段の素子に必要なペア特性を維持しています。

全段DC構成を採用しており、信号系やNFループからコンデンサを追放しています。
問題となる中点電位のドリフトについては、差動増幅部の中点電位の安定度を高めると同時に、回路技術によってDCバランスを安定化することを実現しています。

A級アンプの音質の良さを生かし、かつ大出力を得ることの出来るAB級動作方式を採用しています。
通常時はA級動作で、大きなパワーを必要とする大信号時には自動的にB級動作に切替ります。

素材や部品をはじめプリント基板のデザインやシールドコードの配置にいたるまで徹底的に突き詰めることで低歪率を実現しています。

電源部には、高能率でレギュレーションに優れ、リーケージフラックスの少ない大型トロイダルコア型トランスを採用しています。

保護回路として、エレクトロ・キャリー・コントロールASO(安全動作領域)回路とDCフィードバック・パワーリミット回路を搭載しています。エレクトロ・キャリー・コントロールASO回路は、リレー作動によって、アンプのトランジスタとスピーカーを保護しています。また、DCフィードバック・パワーリミット回路は、過負荷に対して素早く動作し、トランジスタを保護しています。
さらに、RB-2000では、大出力アンプで問題となる電源投入時のインラッシュ電流に対しても専用のリレーとインラッシュ・アブソーバーを設け、安全性と信頼性を高めてます。

ピークパワーメーターを搭載しています。このメーターは通常のメーターと違い、指針の上昇が速く、戻りが遅いピークパワーを表示するタイプとなっています。これによりパワーのピークの読取りを容易にしています。
また、目盛は対数圧縮型で、微少出力時から大出力時まで、正確な表示を可能にしています。

DCダイレクト接続と、DC成分をカットしながらも音質・特性を維持できるインプットキャパシター端子付きの2系統の入力端子を搭載しています。

金メッキ処理された端子を採用しています。

フロントパネルはEIJ規格ラックマウントタイプとなっています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
定格出力(両ch駆動) 140W/ch(4Ω、1kHz)
120W/ch(8Ω、20Hz〜20kHz)
全高調波歪率 0.01%(20Hz〜20kHz、定格出力時)
混変調歪率 0.015%(定格出力時、8Ω)
周波数特性(1W/ch、8Ω) DC in:DC〜100kHz +0 -1dB
AC in:5Hz〜100kHz +0 -1dB
入力感度/インピーダンス 1.5V/50kΩ
ダンピングファクター(8Ω) 60(20Hz〜20kHz)
100(1kHz)
S/N比(IHF-Aネットワーク・ショート) 110dB
クロストーク(10KHz) 65dB
スルーレート 40V/μS
スクエアウェーブライズタイム 2μS
最大消費電力 900W
外形寸法 幅482×高さ143×奥行430mm
重量 18kg