オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

F-780の画像

Pioneer F-780
\49,800(1981年発売)

解説
RF相互変調特性の向上など、妨害排除能力を高めたFM/AMデジタルシンセサイザーチューナー。

フロントエンド部には、ツインバリキャップと新開発ID MOS FETで構成した、リニアプッシュプルフロントエンドを採用してます。
同調素子バリキャップは、バリコン同調に比べダイオード素子同調のため素子自体が飽和状態になりやすく、そのためダイナミックレンジが狭いといわれていましたが、同調部にバリキャップをツインにして採用することで、大幅に向上し、バリコンに匹敵する入力特性を実現しています。
また、RF増幅素子に素子としての特性を8dB高めた新開発のID MOS FETを採用し、これをプッシュプル構成にしています。
こうした結果、ダイナミックレンジを向上しています。

水晶の精度を応用してFM放送局をとらえるクォーツシンセサイザー方式を採用しています。
水晶振動子で作る基準周波数とローカル発振周波数を分周したものを位相比較してローカル発振周波数をロックしています。
さらに、パルススワロー方式を採用しており、従来は12.5kHzであった基準周波数を25kHzにアップさせ、再生帯域外へおいやることにより、基準周波数が信号ラインに残留しノイズとなる不安がなくなっています。

検波回路部は、FMの信号をパルス化し、デジタル的に正確に処理するパルスカウント方式を採用しています。
これにより広帯域にわたって優れた直線性が得られるため、低歪率、高SN比を実現しています。また、直線検波のために低域や高域において歪率特性が劣化することがありません。
さらに、第2ミキサー回路にはリニア掛算器を使用し、第2ローカルにはプッシュプル発振器を使用することによってビートの発生を抑えています。

LとRのステレオ信号を分離するMPX部には、パイオニア独自のダイレクトスルーMPX回路を採用しています。
信号そのものが能動素子を通過せず、必要な信号はそのまま出力され、不要な信号はアースされるという構造となっており、これによりトランジスタ自身の雑音成分や非直線性、さらに入力レベルの限定などの影響がないため、低歪率、高SN比のステレオ信号が得られます。

FM/AM各6局プリセット機能を搭載しています。

音質と選択度を電波状況に合わせて使い分けることのできえるAM/FM 各Wide/Narrow切換え回路を搭載しています。

スイッチを消した後、再びスイッチを入れたときに同じ放送局が受信できるラストワンメモリー機能を内蔵しています。
バックアップ電源回路により、瞬時にストックされた放送局を受信します。

Recレベルチェック機能を搭載しています。
 
  
機種の定格
型式 FM/AMデジタルシンセサイザーチューナー
<FMチューナー部>
S/N比50dB感度 mono:3.2μV、新IHF 16.2dBf
stereo:19.5μV、新IHF 37.2dBf
実用感度 mono:0.95μV、新IHF 10.8dBf
SN比(80dBf入力時) mono:92dB
stereo:86dB
高調波歪率
Wide mono:0.03%(100Hz)、0.03%(1kHz)、0.03%(10kHz)
stereo:0.04%(100Hz)、0.04%(1kHz)、0.09%(10kHz)
Narrow: mono:0.08%(1kHz)
stereo:0.3%(1kHz)
キャプチャーレシオ Wide:1.0dB
Narrow:2.0dB
実効選択度 Wide:40dB(400kHz)
Narrow:60dB(300kHz)
ステレオセパレーション Wide:60dB(1kHz)、50dB(50Hz〜10kHz)
周波数特性 20Hz〜15kHz ±0.5dB
RF相互変調特性 100dB(2.5MHz離調)
85dB(800kHz離調)
イメージ妨害比 80dB
IF妨害比 100dB
スプリアス妨害比 80dB
AM抑圧比 60dB
サブキャリア抑圧比 70dB
ミューティング動作レベル 5μV(25.2dBf)
アンテナ入力インピーダンス 300Ω平衡型
75Ω不平衡型
<AMチューナー部>
実用感度 バーアンテナ:300μV/m
外部アンテナ:30μV
選択度 Wide:18dB
Narrow:50dB
SN比 50dB
イメージ妨害比 65dB
IF妨害比 90dB
<総合>
出力レベル/インピーダンス FM(100%変調):650mV/1.1kΩ
AM(30%変調):200mV/1.1kΩ
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 12W
外形寸法 幅420×高さ60×奥行380mm
重量 4.5kg