オーディオの足跡

セカイモンで海外の機器を探す

model2401twinの画像
 解説 

TAD(Technical Audio Devices)のユニットを採用して開発された大型コントロールルーム用のプロフェッショナルスタジオモニター・スピーカーシステム。

低域には40cmコーン型ウーファーのTL-1601aを2個搭載しています。
アルニコマグネット使用の磁気回路と、軽量振動系の組み合わせ、そして振動支持系の初動感度を徹底的に高めたことにより、高能率を実現しています。
さらに、プロ用として要求される耐久性を向上するため、DRS(ダイナミックレスポンスサスペンション)思想を貫いた、動きのスムースな振動支持系と特殊なエージングコーンのカップリングで対応しています。
また、高耐熱のボイスコイルや効率の良い放熱設計と相まって、大入力長時間の使用にも、優れた耐久性を得ています。

高域にはドライバーユニットTD-4001とホーンTD-4001を搭載しています。
TD-4001は磁束密度20,000Gaussのアルニコ磁気回路と、直径10cmの大型ベリリウムダイアフラムの採用により、600Hz〜20kHzの広帯域再生を実現しています。
またTH-4001は、TD-4001の能力を発揮するために開発されたスタビライズド・ディスパージョン・ホーンで、従来の大型ホーンでは困難とされていた、10kHz以上での指向性改善に成功しています。さらに、実際の音場研究から得た指向性の効果的パターンを実現することにより、広いリスニングエリアを確保しています。素材にはイタヤカエデを用いています。

ネットワークにはTADのディバイディングネットワークであるTN-1を採用しています。このTN-1は、ツインドライブ用に設計されているため、4Ω仕様となっています。
配線コードやチョークコイル巻線にOFC(無酸素銅)を採用し、OFCスリーブを使用したプレスジョイン式の結線、金メッキ大型ターミナルや高品質コンデンサーの採用など、徹底した低損失化、低リーク化を実現しています。
また、アースラインに起因するインターリーケージを除くためLF回路をバランスサーキット化し、さらにクロスオーバーでの音の濁りを一掃するためHF回路とLF回路を分離させるなど、各ユニットの性能を発揮させる、カスタム設計となっています。

エンクロージャーにはアピトン合板を採用することで高剛性化を図っています。これに効果的なフレーム構造の補強を加え、十分な強度を確保しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット等 低域用:40cmコーン型(TL-1601a)×2
高域用:ホーン型(TD-4001+TH-4001)
ネットワーク:TN-1
再生周波数帯域 29Hz〜20kHz
定格入力 300W
最大入力 600W
インピーダンス 4Ω(内蔵ネットワーク時)
出力音圧レベル 98dB
最大出力音圧レベル 126dB/m
クロスオーバー周波数 650Hz
外形寸法 幅1100×高さ900×奥行712mm
エンクロージャー奥行:575mm
重量 145kg