オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

PL-570の画像
 解説 

SH・ローター方式コアレスモーターを採用したフルオートプレイヤー。

PL-570はトーンアームに手を触れずにオートリードイン・オートリターン・オートカット・オートリピートが行えるフルオートプレイヤーです。
このフルオート機構の信頼性を高めるため、PL-570では専用に開発されたマイクロコンピューターを搭載しており、トーンアームの動作(水平・垂直方向)やフォノモーターの回転、停止、回転数切換を集中コントロールしています。
さらにウォーニング機構を採用しており、誤ってトーンアームをアームクランプに固定したままスタートスイッチを押した場合などにはSTART/STOPランプが点滅して警告します。しかも一定時間が経過すると自動的に演奏終了状態となり、ランプが消えます。

駆動モーターにはSH・ローター方式コアレスモーターを採用しています。
SH・ローター方式では、従来モーター底部にあったローターの支点をターンテーブルのすぐ下に移動させ、ターンテーブルの重心と支点をほぼ一致させています。これにより逆円錐運動をはじめ、シャフトと軸受け間に使用した潤滑油によって起こる回転すべりなどを根本から追放しています。そして、サーボをかける以前のモーターの裸特性を高め、ターンテーブルの回転を安定させています。また、シャフトや軸受けなどのパーツについてもパイオニアの精密加工技術を駆使してミクロンオーダー以下の精度を追求し、信頼性や耐久性を高めています。
SH・ローター方式コアレスモーターでは、駆動コイルを空芯としてコアを使用せず偏平コイルで磁界を発生させるコアレス構造によってコギングの無いなめらかな回転トルクを実現しています。さらに、磁界を発生させるコイルの径を大きくし、しかもコイルに薄型化した偏平コイルを採用した上で、パイオニア独自の新しいICを採用することでトルク発生に要する電力効率を向上し、ハイトルク化を実現しています。

サーボ回路には水晶発振子の基準信号とモーターの速度検出信号を比較して位相差制御するクォーツPLL方式を採用しています。
PL-570では高い精度と信頼性向上を図るため、リップル(誤信号)に対して安定性の高いサンプル&ホールド型のハイゲインF-V変換器を1チップIC化して開発し、周波数制御回路と位相制御回路に採用しています。
また、モーター自身の速度検出機構には全周積分方式を採用しています。この方式ではローターマグネットの下面全周にわたって等間隔で着磁された極と、対向して取り付けられた同極数のプリントパターンコイルによって得られる交流信号を全周で積分することで信頼性を高めています。さらに、専用の大型マグネットを採用するとともに着磁された磁気パルスを従来の200極から400極に2倍に増やす事で負荷変動に対しても素早くサーボをかけることができ、動負荷特性を大幅に向上しています。
また、モーターの磁極切換(スイッチング回路)にはパイオニアが製法開発したホール素子を用いたブラシレス型を採用しています。

トーンアームにはカーボングラファイトを用いたストレートアームを採用しています。
このアームはカーボングラファイトを力学的に安定性の高いストレートパイプ状に成型しアルミベースと組み合わせる事で高剛性、ローマス、無共振を実現しています。

ヘッドシェルには炭素繊維複合材を採用しており、強度を高めるとともに軽量化を図っています。
また、信号伝送系には高純度の無酸素銅線を採用しており、音質の向上を図っています。

カートリッジにはMMポジションでの使用が可能な高出力MCカートリッジを装備しています。
このカートリッジにはパイオニアが独自に開発した左右独立6極4マグネット構成を採用しており、エネルギー積(BHmax)の高いサマリウムコバルトマグネットを同極対向配置した構造となっています。これにより最大磁束密度10,000ガウスという高磁束が得られ、小振幅から大振幅までリニアに効率よく発電させています。また、左右独立発電となっているため、根本的にチャンネル間が干渉し合うことがなく、優れたセパレーション特性を得ています。
このMCカートリッジでは磁気回路と針が分離独立しているため、針交換もMM型なみの手軽さで行えます。

キャビネットにはコアキシャルサスペンションを採用しています。
この方式ではモーターとトーンアームを一枚のアンダーボードに固定し、そのアンダーボード全体をスプリングサポートする構造となっており、有害な共振を防ぎ、ハウリングを抑えています。

操作ボタンは全て前面パネルに配置された前面操作型となっており、操作性を向上しています。
さらに、使用頻度の高いパワー、スタート/ストップ、エレベーションボタンは自照式を採用しています。

トーンアームをレコード盤上に移動させるとターンテーブルが回転を始めるクイックプレイ機構を搭載しています。また、トーンアームをアームレストに戻すとターンテーブルの回転が止まるクイックストップ気候を採用しています。

マニュアル操作時のアームリフターの動作は専用のDCモーターによって行われるため、スムーズで信頼性の高いエレベーション動作が可能です。

外観はシャンペンゴールド仕上げとなっています。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
<フォノモーター部>
モーター コアレスクォーツPLL DCサーボホールモーター
軸受け方式 SH・ローター方式
駆動方式 ダイレクトドライブ
ターンテーブル 33cmアルミダイキャスト
回転数 33 1/3、45rpm
回転ムラ 0.012%以下(WRMS、FG直読法)
0.023%以下(WRMS、JIS)
S/N 78dB以上(DIN-B)
65dB以上(JIS)
負荷変動 0%(針圧200g以内)
起動特性 1/4回転以内
起動トルク 1.3kg・cm
回転数偏差 0.002%以内
ドリフト 時間ドリフト:0.00008%/h以下
温度ドリフト:0.00003%/℃以下
<トーンアーム部>
型式 スタティックバランスストレートアーム
実効長 235mm
オーバーハング 15mm
適合カートリッジ自重 3g〜8g(ヘッドシェル含まず)
高さ調整範囲 ±3mm
ヘッドシェル カーボンファイバー製
<カートリッジ部>
型式 MC型
針先 0.5mil丸型ダイヤモンド針
交換針 PN-3MC
出力電圧 2.5mV(1kHz、50mm/sec.水平)
負荷抵抗 30kΩ〜100kΩ
適正負荷抵抗・負荷容量 50kΩ・170pF〜300pF
適正針圧 2g±0.3g
周波数特性 10Hz〜32kHz
自重 3.1g
<その他>
付属機構 オートリードイン
オートリターン
オートカット
オートリピート
クイックプレイ
クイックストップ
アンチスケーティング
アームエレベーション
アーム高さ調整機構
針圧直読ウェイト
コネクター式ヘッドシェル
使用半導体等 IC×8
トランジスタ×6
フォトトランジスタ×3
ダイオード×2
ホール素子×2
LED×15
水晶×1
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9W
外形寸法 幅420×高さ114×奥行394mm
ダストカバー全開時:幅420×高さ383×奥行430mm
重量 8.5kg