オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

SA-6800IIの画像
 解説 

パイオニアが上級機で得たノウハウを投入して開発したプリメインアンプ。

イコライザー部の回路方式は±2電源供給による初段差動・3段直結回路で、周波数特性を決定するNFB素子には、誤差1%のニクロム金属被膜抵抗と誤差2%のスチロールコンデンサーなど、厳選した素子を採用しています。
また、+23V、-19.5Vの正負2電源供給により、最大許容入力200mVのダイナミックマージンを得ています。

フラットアンプは低雑音・低歪率のPNP-NPN2石構成を採用しており、電源利用率を高めてダイナミックレンジを拡大しています。
そして、次段のトーンコントロール回路はCR型で、クリックストップつきのつまみを採用しています。
また、トーンコントロールつまみの位置に関係なく、瞬時にトーンをフラットにするトーンon/offスイッチを搭載しています。

ボリュームには32ステップのアッテネーター式を採用しています。

パワーアンプ部は、初段が特性の揃ったデュアルトランジスタによる差動増幅で、全段直結の純コンプリメンタリーOCL方式となっています。
この回路では、プリドライバー段に定電流負荷を採用して、低域の時定数を追放しているため、超低域までの再生が可能となっています。さらに、この方式はプリドライバーの負荷が軽減され、トランジスタのリニア領域で利得を大きくとることが可能となっています。また、オープンループ時のゲインを大きくとり、NFBを十分にかけることで歪を低減させています。

電源部には大型トランスと10,000μF×2の大容量コンデンサーを採用しています。
この電源部では、パワーアンプ終段とそれ以前の安定化電源部用のトランス巻線を別巻線としており、相互干渉を低減しています。

保護回路にはパワーリレーを用いた保護回路内蔵しています。
またこの回路はミューティング回路もかねており、電源on/off時のノイズをカットしています。

ラウドネスコンターや2系統テープモニターを搭載しています。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
回路方式 パワーアンプ部:差動1段全段直結純コンプリメンタリーOCL
イコライザー部:正負2電源初段差動3段直結
トーンコントロール部:正負2電源2段直結フラットアンプ、CR型トーン
実効出力
(両ch駆動、20Hz〜20kHz)
50W+50W(4Ω)
45W+45W(8Ω)
高調波歪率(20Hz〜20kHz) 0.1%(実効出力時)
0.05%(23W出力時、8Ω)
0.05%(1W出力時、8Ω)
混変調歪率
(50Hz:7kHz=4:1)
0.1%(実効出力時)
0.05%(23W出力時、8Ω)
0.05%(1W出力時、8Ω)
出力帯域幅(IHF、両ch駆動) 5Hz〜40kHz(歪率0.1%)
ダンピングファクター 30(20Hz〜20kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス Phono:2.5mV/50kΩ
Tuner、Aux、Tape play1、2:150mV/50kΩ
Phono最大許容入力 200mV(1kHz、高調波歪率0.1%)
出力レベル/インピーダンス Tape rec1、2:150mV
Speaker AorB:4Ω〜16Ω
Speaker A+B:8Ω〜16Ω
Headphone:4Ω〜16Ω
周波数特性 Phono:20Hz〜20kHz ±0.3dB
Tuner、Aux、Tape play:10Hz〜40kHz +0 -1dB
トーンコントロール Bass:+9dB -8dB(100Hz)
Treble:+8dB -6dB(10kHz)
フィルター Low:15Hz、6dB/oct
ラウドネスコンター
(Volume -40dB)
+6dB(100Hz)
+3dB(10kHz)
S/N(IHF、Aネットワーク、
ショートサーキット)
Phono:73dB
Tuner、Aux、Tape play:95dB
<総合>
使用半導体 トランジスタ:34個
ダイオード他:17個
ACアウトレット 電源スイッチ連動:2系統
電源スイッチ非連動:2系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 110W(電気用品取締法)
300W(最大)
外形寸法 幅380×高さ139×奥行308mm
重量 8.7kg