オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

M4の画像
 解説 

真の高級品を作るため、オーディオの本質を踏まえ可能性の限界に挑戦したステレオパワーアンプ。
デザイン、使用部品、回路構成、性能の全てに最高級を目指して開発され、部品の組み立てから最後の調整まで入念にハンドメイドで仕上げられています。

回路にはA級増幅を採用しています。
入力回路は差動アンプでプッシュプルのプリドライバー段を駆動し、パワートランジスタ4個パラレル接続(片チャンネルあたり8個)の最終段へ導いています。
A級動作のプッシュプル回路はトランジスタのベース蓄積効果によるノッチング歪や過渡的なクロスオーバー歪が出ず、NFBをかけない時の歪も本質的に少ないため、小出力時でも音があれず、ソースのニュアンスを忠実に伝える事が可能です。
また、パワーの大小に関わらず電源電圧の変動がないため、低域安定度、低域の過渡特性が優れており、無信号時でも大電流を流しているので放熱器の温度は一定に保たれており、優れた熱安定性を得ています。

フロントにピークパワーメーターを搭載しています。このメーターは対数圧縮回路を採用する事で広い範囲を感度切換えなしで直読できるようになっています。
またメーターには、立ち上がりが早くダンピングの良い大型外磁型メーターを採用しており、小音量時にも指針は見やすい位置を振れており、かつ、パルス的な大信号が入っても追従性よく指示しています。

パーツには全て信頼性の高い特別仕様のものを採用しています。
プリント基板には強度と信頼性の高いガラスエポキシ基板を採用しており、さらにトランジスタから抵抗のひとつひとつに到るまで、精度が高く、信頼性の高い部品を厳選して使用しています。
また、電源部には漏洩磁束が少なく、レギュレーションに優れた大型カットコアトランスと33,000μF×2の電源コンデンサーを採用しています。

A級アンプの大きな発熱量に対応するため、放熱効果を考えシャーシ内部が冷却用ダクトを形成するよう構成にし、キャブネット下部に装着された2個のファンを用いて強制空冷しています。
また、ファンの回転音を抑えるため、低電圧で低速動作をさせています。

保護回路には、従来のリレーと電子回路を組み合わせた出力点直流電位検出回路に加え、ポジスター使用の熱検出部およびサイリスターによる保持回路が追加されています。
放熱器の温度が異常に上昇するとポジスターが熱を検知し、サイリスターが働いてパワーアンプに内蔵している電流制限スイッチを働かせ、放熱器の温度を下げると同時にリレーを駆動してスピーカーを切り離します。
この時プロテクションの表示ランプは点灯したままとなり、電源スイッチをリセットしない限りこの状態を保持します。
従来の応答が速く信頼性の高い保護回路に加えて、この熱感知保護回路の採用で、ファンが停止した場合の安全性についても対処されています。

入力は2系統搭載しており、プリアンプの出力に応じて1V、2Vの選択が出来ます。

8Hzで8dB/octのCR型サブソニックフィルターを搭載しており、必要に応じてスイッチON/OFFが可能です。

手作りの高級アンプにふさわしく、一台ごとに測定した実測値をそのまま添付してあります。

機種の定格
型式 A級ステレオパワーアンプ
回路方式 差動1段PPドライブ
2段ダーリントンクォドルプルPP
純コンプリメンタリーOCL方式
(A級動作)
実効出力 50W+50W(8Ω、20Hz〜20kHz、B.C.D)
高調波歪率 0.1%以下(実効出力時)
0.03%以下(1W出力時)
混変調歪率 0.1%以下(実効出力時)
0.03%以下(1W出力時)
出力帯域幅 5Hz〜70kHz(IHF、両ch駆動)
周波数特性 3Hz〜60kHz +0 -1dB
入力感度 Input1、2:1V、2V
サブソニックフィルター 8Hz(6dB/oct)
出力端子 Speaker(8Ω)
ダンピングファクター 30以上(8Ω)
ピークメーター指示範囲 0.005W〜100W(-40dB〜+3dB)
使用半導体 トランジスタ:59個
IC:6個
サイリスター:1個
ダイオード他:60
消費電力 320W
外形寸法 幅468×高さ206×奥行385mm
重量 27.3kg