オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

LHH500の画像

PHILIPS LHH500 \250,000(1989年頃)

解説
ビットストリーム方式を採用したCDプレイヤー。

D/A変換部にはビットストリーム方式を採用しています。この方式では、従来16個の回路素子(抵抗)を使用していたD/A変換を1個のスイッチ回路で行っています。これにより素子の精度に依存することがなく、直線性の高いD/A変換を可能にしています。

LHH500では、ビットストリーム方式D/Aコンバーターをディファレンシャル(差動)モードで採用しています。
ディファレンシャルモードでは、左右チャンネルを全く別のチップに送り込まれています。そして、1つのチップには片チャンネル分の正相と逆相の成分を入力しており、その差を出力として取り出すことで、歪やノイズ、チャンネル間のセパレーションを向上しています。

メカニズム部にはCDM-4ミニダイキャストメカニズムを採用しています。
このメカニズムは、ウェイト・バランスを後部に置いた独自のスイングアーム方式を採用しつつ、さらなる高音質化を図っています。

ノイズの混入を防ぐため、銅メッキダイキャストシャーシを採用しています。

電源回路にはトロイダルトランスを採用しています。

トランスを用いたバランス出力端子を搭載しています。

大容量FIFOを搭載しており、CDの読取り時に傷や外部振動によるエラー、ジッターの訂正を可能にしています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。
 
 
CDM-4 リモコンユニット
 
機種の定格
型式 CDプレイヤー
チャンネル 2チャンネル
D/A変換方式 1ビットリニア/チャンネル
周波数特性 20Hz〜20kHz ±0.2dB
ダイナミックレンジ 96dB
S/N比 96dB
チャンネルセパレーション 96dB以上(1kHz)
高調波歪率 0.0025%(1kHz)
ワウフラッター 水晶精度
アナログ出力端子 出力レベル:2V RMS
出力インピーダンス:100Ω
適合負荷インピーダンス:10kΩ以上
Balanced出力端子 出力レベル:3V RMS
出力インピーダンス:100Ω
適合負荷インピーダンス バランス型:600Ω
                アンバランス型:600Ω〜50kΩ
デジタル出力 同軸出力:0.5Vp-p/75Ω(ピンジャック)
光出力:-19dBm(角型光コネクター)
レーザー AlGaAs半導体
波長 780nm
サンプリング周波数 44.1kHz
量子化 16ビットリニア/チャンネル
誤り訂正方式 CIRC
ビットストリームD/A変換方式
許容動作温度 +5℃〜+35℃
許容動作湿度 5%〜65%(結露のないこと)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 約17W
外形寸法 幅454×高さ122×奥行342mm
幅457×高さ140×奥行359mm(最大)
重量 約16.7kg
付属 単4乾電池(SUM-4)
アナログ信号接続ケーブル(RCAピンコード)
デジタル信号接続ケーブル(RCAピンコード)
付属:ワイヤレスリモコン RC500LHH
外形寸法 幅60×高さ15×奥行175mm
重量 85g(電池無し)