オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

D-500Liverpoolの画像

ONKYO D-500 Liverpool
\45,000(1台、1989年頃)

解説
アコースティック・ナチュラリティ(自然な音場表現)というコンセプトのもと、分解能やワイドレンジを強調するのでなく、自然な音づくりを目指したスピーカーシステム。

ウーファーはピュアクロスカーボン、トゥイーターは超硬度チタンという振動板素材を採用しています。これらの振動板は、ダイアフラム構造の解析によって不自然な音の原因となるピークを取り除き、なめらかな特性を確保しました。
さらに、ウーファーには布製のセンターキャップ、トゥイーターにはフレーム部にコルク材を取り付ける事で刺激的な音色の要因を徹底的に取り除いています。

キャビネットはウォルナットのツキ板によるリアルウッド仕上げとしています。またエンクロージャーの構造も高密度カスタムウッド材の側板で天板・底板と前後バッフルを挟みつける独自の手法をとり、違和感のない、美しい響きを実現しました。

ネットワークには、ケイ素銅版コアチョークコイルや高級フィルムコンデンサーなどのクオリティパーツを採用しています。また、セパレートレイアウト方式を採用することでネットワーク間の干渉を排除しています。
 
  
機種の定格
方式 2ウェイ2スピーカー・バスレフ方式・防磁タイプ・
ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:18cmピュア・クロスカーボンコーン型
高域用:2.5cm超硬度チタンドーム型
再生周波数帯域 35Hz〜45000Hz
最大入力 180W(EIAJ)
インピーダンス
出力音圧 90dB/W/m
クロスオーバー周波数 2500Hz
キャビネット内容積 21.5L
外形寸法 幅255×高さ449×奥行300mm(サランネット含む)
重量 11.5kg
別売 スピーカースタンド AS-500H(2台1組、\40,000)