オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ML-6ALの画像

MARK LEVINSON ML-6AL \1,960,000(1981年発売)

解説
ML-7Lをベースに完全モノラル化を図ったコントロールアンプ。

左右の電源部(PLS-154L)と左右のコントロールアンプを全て独立させた4筐体構造とすることで相互干渉を抑え、音質の向上を図っています。

基本設計はML-7Lの設計思想を継承しており、フォノアンプとラインアンプだけの回路構成やプラグ・イン回路によるブロック構造を採用しています。さらに、入力はフォノ、ラインそれぞれ1系統のみ、コントロールもボリュームのみのシンプルな構造とすることで、さらなる高純度かを図っています。

回路のシンプル化とモノラル化によって空いたスペースに電源のデカップリングコンデンサを増設しています。

木製ケースが付属しています。

フォノアンプにはオプションとして、MCカートリッジ専用のハイゲインのL3プラグインカードとL3Aプラグインカードがありました。
 
  
機種の定格
型式 モノラルプリアンプ
構成 完全モノラル構成
各chフォノアンプ、ラインアンプに各1個ずつのプラグイン
利得 フォノアンプ:38dB、44dB(切替)
L3プラグイン使用時:66dB
L3Aプラグイン使用時:54dB
ラインアンプ:10dB、20dB、26dB(切替)
入力インピーダンス フォノアンプ:50kΩ、820Ω(切替)
L3プラグイン使用時:825Ω
L3Aプラグイン使用時:825Ω
ラインアンプ:10kΩ
出力インピーダンス フォノアンプ(Tape out):1.2kΩ
ラインアウト(Main out):47Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 35W
外形寸法 本体:幅483×高さ51×奥行156mm
電源部:幅101×高さ101×奥行269mm
重量 本体:2.5kg
電源部:2.4kg