オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

RV351の画像
 解説 

ドルビーサラウンド方式に対応したサラウンドプロセッサー。

ドルビー研究所によって開発されたドルビーサラウンド回路を忠実に再現しており、ソフトに記録されたサラウンド信号の再生が可能です。逆相のサラウンド信号は、マトリックス回路→ディレー回路→7kHzローパスフィルター→ドルビーBタイプNRシステムの順で処理されます。

キャリブレーションコントロールを搭載しており、ソースレベルに応じて調整が可能なキャリブレーション・レベルでインジケーターが点灯します。

ディレーコントロール機能を搭載しており、ソースに応じて設定可能です。

ドルビーサラウンドに加え、マトリックス・サラウンド、スペーシャル・サラウンドを搭載しており、スイッチ切換えにより通常ステレオソースからモノラルソースにまで対応しています。
マトリックスサラウンドでは、通常のステレオソースをサラウンド再生可能です。また、スペーシャルサラウンドではモノラルソースを擬似的にステレオ化できます。また、エフェクトコントロールでは、マトリックスとスペーシャルのサラウンド効果をソースに応じて調整できます。

サラウンド用スピーカーをドライブする専用パワーアンプを搭載しています。

マスターボリュームを搭載しており、サラウンド用スピーカーとメインスピーカーの音量を同時にコントロールできます。
また、サラウンドの音量のみを調整できるリア・ボリュームも搭載しています。

2系統のフロント出力を搭載しています。

機種の定格
型式 ドルビーサラウンドプロセッサー
ダイナミックパワー(IHF) 30W(6Ω)
実効最大出力(EIAJ) 25W(6Ω)
全高調波歪率 0.03%(1kHz、20W、6Ω)
周波数特性 20Hz〜20kHz -1.5dB(ダイレクト)
20Hz〜15kHz -3dB(マトリックス)
100Hz〜6kHz -3dB(ドルビー)
入力感度/インピーダンス 250mV/68kΩ
SN比 90dB(IHF-A)
68dB(ドルビーCCIR/ARM聴感補正雑音レベル)
ディレータイム 15mS〜30mS(可変)
外形寸法 幅420×高さ60×奥行200mm
重量 3.2kg