オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

PM-95の画像

Marantz PM-95 \319,000(1988年発売)

解説
D/Aコンバーターを搭載したデジタルインテグレーテッドアンプ。

D/A変換部には、フィリップス・マランツグループのデバイス"Aバージョン"より厳選され、最上級を証明するクラウンマークが刻印されたTDA1541A-S1 LSIを採用しており、特に低レベルでの再現性に優れた音質を実現してます。

パワーアンプ部は、入力信号がボリュームからダイレクトに送込まれるシンプルな構成となっており、初段はカスコード接続の差動増幅で、FETとバイポーラ・トランジスタの組合せによって十分なゲイン(利得)を確保しています。
出力段はトリプルプッシュプル構成で、オーディオ用電力増幅の素子であるPower-MOS FETを採用しています。また、スイッチ切換によりピュアA級動作とAB級動作の2種類の動作方式を選択できます。

電源部には、大型トロイダルトランスと大容量LowESR型コンデンサーを搭載してます。また、スピーカーを強力にドライブするため、配線材には直径1.53mmの無酸素銅を使用しています。
また、デジタルノイズのアナログ回路への回り込みを防止するために、それぞれ独立した電源部を採用しており、アナログ系にはローノイズ広帯域の高集積度ICを駆使したハイスピード電源を搭載しています。
さらに、コンデンサー取付金具にも非磁性体の銅板を用いるなど音質を重視した配慮がされています。

シャーシには銅メッキを施したダイキャストシャーシを採用し、さらにダイキャストサイドパネルを採用することで、機械的な歪が生じにくい高剛性な構造を実現しています。また、ヒートシンクは左右独立構造で高強度アルミ材を使用し、無共振で効率の良い自然空冷を行っています。
その他にも、ボリュームノブにはアルミ削り出し仕上げ、プリント基板にはポリエステルをベースに70μm厚の銅箔パターンを採用するなど、徹底して無振動・無共振を追及しています。
さらに、デジタル部とアナログ部を完全に遮断するシールドや、ファンクション切換えには高性能リレー(25個)を採用。パターン配線も最短距離で結合して、セパレーションの向上を図っています。

D/Aコンバーター出力は、デジタルダイレクトスイッチによって直接マスターボリュームへ送込むことが可能です。

別売りで、コマンドメモリー(学習機能)付リモートコントローラーRC-95PMがあり、リスニングポジションからPM-95やその他のAV機器のリモコン操作が可能です。
 
 
内部レイアウト
リアパネル
別売りリモートコマンダー
大型トロイダルトランス、大容量コンデンサー
ダイキャストサイドパネル
TDA1541A-S1
 
機種の定格
型式 デジタルインテグレーテッドアンプ
<総合特性>
定格出力(20Hz〜20kHz、両ch動作時)
Aクラス動作時: 50W+50W(4Ω)
40W+40W(6Ω)
30W+30W(8Ω)
ABクラス動作時: 190W+190W(4Ω)
155W+155W(6Ω)
120W+120W(8Ω)
ダイナミックパワー(ABクラス動作時) 460W+460W(2Ω)
300W+300W(4Ω)
230W+230W(6Ω)
全高調波歪率 0.008%(20Hz〜20kHz、8Ω負荷)
混変調歪率 0.008%(SMPTE)
出力帯域幅(8Ω負荷、THD0.04%) 10Hz〜40kHz
周波数特性 10Hz〜150kHz +0 -3dB
ダンピングファクター 200(8Ω負荷、1kHz)
入力感度/インピーダンス 150mV/33kΩ(1kHz)
SN比 106dB(Aネットワーク)
<D/Aコンバーター部>
デジタルサンプリング周波数 32kHz、44.1kHz、48kHz
SN比 106dB(EIAJ)
歪率 0.003%(EIAJ)
ダイナミックレンジ 98dB
デジタル入力 Coaxial:0.5Vp-p/75Ω
Optical:-15dBm〜-25dBm
デジタル出力 Coaxial:0.5Vp-p/75Ω
<その他>
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 330W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅454×高さ170×奥行457mm
重量 27.2kg
別売:コマンドマスター RC-95PM(\40,000)
最大外形寸法 幅260×高さ31×奥行126mm
別売 730g(電池含む)