オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

PM-80の画像
 解説 

マランツの伝統的なアンプ技術に加えて最新のデジタル・ソースを研究した末に開発されたプリメインアンプ。

電源部には大型電源トランスに加え、18,000μF×2の特別仕様電解コンデンサーを採用しています。
またスピーカー回路や電源コードに極太のOFC線を採用しています。

交流を直流に変換する際に発生する整流ノイズを抑えるためにノイズキラー回路を搭載しています。
数100kHzから1MHz付近の高周波ノイズを遮断し、濁りのない音質の確保を図っています。
さらに電源の一次側回路インピーダンスを下げることにより低域の力感を増やす事に成功しています。
また、配線の引き回しや入念な回路構成によって徹底的にノイズを排除しています。

パワー・ステージはリニアリティに富んだPc-100Wのパワー・トランジスタをパラレル・プッシュプルとした構成で、また三段ダーリントン接続として利得を高めています。
またパワー・トランジスタには銅のシールド板をマウントし、トランジスタからのラジエーションや振動を抑えて微少信号への影響を徹底的に排除しています。

フォノ・イコライザーはローノイズFETとオーディオ用ICの組み合わせによってローノイズ・アンプを構成しています。
また30Hz以下の超低域を減衰させることによって、低周波によるモジュレーションを防ぎ、さらにワイドなダイナミックレンジを得ています。

パーツには厳選したものを使用しており、特に信号系にはシルクの繊維状蛋白質フィブロンとマニラ麻の混紗紙をセパレーターに使用した高音質電解コンデンサーを採用しています。
また、プリント基板には制振性に優れた紙ポリエステル基板を使用しています。

小出力時にはAクラス、大パワーの必要な時にはクラスABの使い分けができるA級/AB級切換えスイッチを装備しています。
信号電流への影響を避けるため、電圧切換え回路を電源ブロックの近くにレイアウトした回路構成を採用しています。またバイアス切換えにはフォト・カプラーによるリモート・コントロールを使用して距離の最短化を図り、音質への影響を最小限に抑えています。

従来のダイレクト・スイッチをさらに発展させたソース・ダイレクト・スイッチを装備しています。
トーン・コントロールのディフィートではなくテープ・モニターやプロセッサーなどのスイッチやトーン・コントロール回路を全てジャンプし、専用ボリュームを通ってパワー・アンプへダイレクトに入力されます。

入力端子5系統、テープ入出力端子3系統を搭載しています。
また、プロセッサー端子も搭載しており、グラフィックイコライザーなどを接続することも可能です。

機種の定格
型式 ステレオプリメインアンプ
定格出力(20Hz〜20kHz、両ch同時駆動)
クラスAB: 140W+140W(4Ω)
120W+120W(6Ω)
100W+100W(8Ω)
クラスA: 20W+20W(8Ω)
ダイナミックパワー
クラスAB: 340W+340W(2Ω)
220W+220W(4Ω)
170W+170W(6Ω)
全高調波歪率(1kHz、8Ω負荷) 0.0008%
混変調歪率(SMPTE) 0.008%
出力帯域幅(8Ω負荷、0.03%) 10Hz〜50kHz
周波数特性 CD・ソースダイレクト:10Hz〜100kHz +0 -3dB
ダンピングファクター 180(8Ω負荷、20Hz〜10kHz)
入力感度/インピーダンス Phono MC:250μV/100Ω
Phono MM:2.5mV/47kΩ
High Level:150mV/33kΩ
Phono最大許容入力(1kHz) MC:16mV
MM:160mV
RIAA偏差(20Hz〜20kHz) ±0.2dB
SN比(Aネットワーク) Phono MC:75dB
Phono MM:85dB
High Level:105dB
トーンコントロール Bass:100Hz、±6dB
Treble:10kHz、±6dB
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 220W(電気用品取締法)
外形寸法 幅454×高さ165×奥行380mm
重量 17.5kg