オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

WL717の画像
 解説 

SQ707との組合せを想定して設計されたFM/AMチューナー。

フロントエンド部にはFETを用いた高周波増幅回路を採用しており、感度と混変調などのスプリアス特性および過大入力に対する安定性を向上させています。
これに4連バリコンを組合せて十分な選択度を確保しています。

中間周波増幅回路には高利得ICと矩形波選択度特性のセラミックフィルターを組合せており、経年変化の少ない安定した性能を確保しています。

マルチプレックス回路にはスイッチング方式を採用しています。
さらに、あらかじめ分離された左右の信号から逆チャンネルに漏れた分を相殺するクロストークキャンセル回路を加えることでセパレーション特性を改善しています。

AMチューナー部は周波数変換段と広帯域中間周波増幅2段の構成としています。また、これらの段に強力なAGCをかけることで強電界における過大入力に対しても歪の発生を抑えています。

純電子式のミューティング回路を搭載しています。

ノイズフィルターを搭載しており、FMステレオ放送受信時に発生する高域雑音を除去できます。
この回路はハイブレンド形となっており、周波数特性に殆ど影響を与えずに高域雑音のみを減衰させます。

FMステレオ放送を強制的にモノラルに切換えて受信することができます。

2系統の出力端子を搭載しています。

フロントパネルはアルミ材にヘアライン加工を施し、さらにホワイトゴールドのアルマイト染色で仕上げています。
また、ダイアル面はスモークアクリルとしています。

ボンネットには耐熱性ハイインパクト・スチロールを使用しており、表面にレザー加工を施すことで独特の形状となっています。

別売で専用ウッドケースがありました。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz〜90MHz
感度(IHF) 2.2μV
イメージ比 70dB以上
IF妨害除去比 80dB(83MHz)
キャプチャー比 2.2dB(1mV)
2信号選択度 50dB(±400kHz)
SN比 60dB以上
周波数特性 30Hz〜15kHz
ステレオセパレーション 36dB以上(400Hz)
キャリアリーク -40dB以下
全高調波歪率 mono:0.3%以下
stereo:0.6%以下
アンテナインピーダンス 300Ω(平衡)
75Ω(不平衡)
<AMチューナー部>
受信周波数 525kHz〜1605kHz
感度(IHF) 400μV/m(内蔵アンテナ)
イメージ比 40dB以上
SN比 50dB以上
周波数特性 40Hz〜4kHz
<総合>
出力電圧 FM:600mV(100%変調)
AM:400mV(30%変調)
出力インピーダンス 600Ω
付属装置 ミューティングスイッチ(FM/AM受信時用)
ノイズフィルター(FM Stereo受信時用)
使用半導体等 トランジスタ:20個
FET:1個
IC:2個
ダイオード:21個
外形寸法 幅373×高さ125×奥行227mm
重量 4.4kg
別売 ウッドケース(\3,500)