オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

T-50Aの画像
 解説 

チューナーとしての基本性能を徹底的に追求しつつ、性能を最大限に活かすために同調回路に工夫をこらしたAM/FMステレオ・チューナー。

CLL方式同調システム(Closed Loop Locked System)を採用しています。
これは、フロントエンド、IF段(中間周波増幅段)、検波段まで含めて、FM局の送信周波数にロックしてしまうという同調システムで、安定した受信性能を確保しています。
また、CLL回路には再ロック回路(Dynamic Kick System)を内蔵しており、チューナーの電源を切っても、再度チューニングを取り直す必要はありません。

より正確なチューニングを実現するため、アキュタッチ機構を搭載しています。
これは、CLL回路の制御電圧を利用して正確なセンターポイントを検出し、これでチューニング・ノブに機械的なロックをかけるもので、チューニング・ノブを通常の速さでまわして行くと、手応えとともにノブが一時的(約1秒間)にロックされます。

フロントエンドは、RF段(高周波増幅段)にMOS FETを使用しており、低歪率局部発振回路の採用によって優れた妨害排除特性や今変調特性を得ています。
また、IF段には帯域幅の2段切替えを設け、低歪率特性と高選択度特性を両立させるとともに、ビート防止回路を付加してNarrow時の混信対策を強化しています。
検波段には、広帯域で低歪率特性が得られるNEWカドラチャICを、ステレオ復調段にはこうセパレーション特性の得られるPLL ICを採用しています。

AMチューナー部は、強電界に対する耐入力特性を重視するとともに、IF段に高選択度特性の得られるセラミック・フィルターを採用するなど、混信対策に検討が加えられています。

ミューティングのかかる電界強度を自由に設定できるFMミューティングレベル・コントロールや、信号の強さを5段階に表示するシグナル・ストレングス・インジケーター、FM局を正確に捕えているかを表示するセンター・インジケーターなどを搭載してます。

機種の定格
型式 AM/FMステレオ・チューナー
<FMチューナー部>
IHF実用感度 1.8μV/10.3dBf
50dBクワイティング感度 3.3μV/15.6dBf
SN比 75dB
周波数特性 30Hz〜15kHz ±0.5dB
歪率(wide、1kHz) mono:0.07%
stereo:0.1%
キャプチャー比 wide:0.9dB
narrow:1.8dB
2信号選択度(±400kHz) wide:40dB
narrow:80dB
スプリアス特性 80dB
イメージ比 55dB
振幅変調抑圧度 60dB
ステレオセパレーション(wide) 100Hz:45dB
1kHz:50dB
ミューティング・スレッショルド 10μV〜300μV
<AMチューナー部>
IHF実用感度 250μV/m
イメージ比 50dB
IF妨害除去比 40dB
SN比 50dB
歪率 0.6%
<総合>
出力電圧 FM:1V/100Ω
AM:0.3V
付属回路 CLL回路
チューニングロック機構
IF帯域幅切替
センターインジケーター
FMミューティング・スイッチ
FMミューティング・レベル・コントロール
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 8W
外形寸法 幅466×高さ120×奥行350mm
重量 7kg