オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A2012の画像
 解説 

全段DC構成によるステレオプリアンプキット。

A2012はラックスマンのラボラトリー・リファレンス・シリーズのプリアンプ5C50で得たノウハウを基にしており、プリアンプを構成するイコライザー部やフラットアンプ部などの全ての回路にDCアンプ構成を採用しています。

イコライザー部やフラットアンプ部などの基本回路は全て1枚のプリント基板に納め、信号経路のシールド線を殆ど排除し、入力回路を最短コースで配線し、さらにプリント基板上の左右チャンネル間の分離化を徹底しており、ユーザーが組み立てた際の配線の仕方による諸特性のバラつきを抑えています。

抵抗、半固定抵抗、コンデンサーなどのパーツ類には十分な検討が加えられたものを採用しています。
また、音量ボリュームには音質的な検討とともに、ボリューム本来の連続変化特性が得られ、それでいて左右チャンネル間の連動誤差の殆ど無い新型ボリュームを採用しています。

全てのプログラムソースの録音特性の正確な補正を目的としたリニアイコライザーを搭載しています。

ツインT型サブソニックフィルターを搭載しており、可聴帯域外の超低域ノイズ(5Hz〜10Hz)を効果的に除去できます。

15dB〜40dBの範囲でプリセットが可能なアッテネーターを搭載しています。

2系統のテープモニター回路やテープダビング回路、録音出力スイッチなどの機能を搭載しています。

機種の定格
型式 コントロールアンプキット
出力電圧 Pre out:定格1V、最大18V(歪率0.005%以下)
出力インピーダンス Pre out:100Ω
全高調波歪率 Phono:0.005%以下(Rec out:2V、20Hz〜20kHz)
Tuner、Aux:0005%以下(Pre out:2V、20Hz〜20kHz)
混変調歪率 Phono:0.002%以下(Rec out:2V、20Hz〜20kHz)
Tuner、Aux:0.002%以下(Rec out:2V、20Hz〜20kHz)
周波数特性 Phono:20Hz〜20kHz ±0.3dB以内
Tuner、Aux:1Hz〜200kHz -0.5dB以内
入力感度 Phono1/2:2.3mV
Tuner、Aux1/2:150mV
入力インピーダンス Phono1:30kΩ〜50kΩ〜100kΩ(連続可変)
Phono2:50kΩ
Tuner、Aux1/2:50kΩ
SN比(IHF-A補正、
入力ショート)
Phono:83dB以上
Tuner、Aux:100dB以上
付属装置 リニアイコライザー
サブソニックフィルター
入力インピーダンス調整
録音出力スイッチ
アッテネーター(プリセット可能)
その他
外形寸法 幅438×高さ78×奥行363mm
重量 6.5kg