オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

SQ507の画像
 解説 

従来から受け継がれてきたプリメイン型式を用いて、出来るだけ内容を充実させながらバランスのよさをj発揮させたプリメインアンプ。

パワーアンプ部には準コンプリメンタリーSEPP OTL方式を採用しています。

プリアンプ部には3段直結のE-E帰還型イコライザーを採用しており、ダイナミックレンジが大きくとれるため、高域の歪を大幅に減少しています。

プリアンプ部とパワーアンプ部の電源には、それぞれトランジスタを1個ずつ仕様したリップルフィルターを採用しており、SNが改善されています。

トーンコントロールには摩擦式二重ボリュームを仕様し、通常は連動しますが、左右を別々に調整することも可能です。
また湾曲点周波数の選択は3ポイントから可能で、好みの音質に合わせることが出来ます。

ローブースト・スイッチを搭載しており、低音域を増強できます。

高低各フィルターを搭載しています。

スピーカー端子は2系統搭載しています。

全面パネルはホワイトゴールド染色仕上げ、ウッドケースはローズウッド仕上げとしています。

万一の場合に備えて自動復帰式の保護回路を搭載しています。

機種の定格
型式 ソリッドステートプリメインアンプ
<パワーアンプ部>
連続出力 60W/60W(8Ω)
40W/40W(16Ω)
全高調波歪率 0.2%以下(60W、8Ω、1kHz)
周波数特性 10Hz〜50000Hz -1dB以内
入力感度 800mV(最大出力時)
入力インピーダンス 50kΩ
残留雑音 0.5mV以下
ダンピングファクター(1kHz) 35(8Ω)
70(16Ω)
付属装置 アッテネーター:-12dB/oct.
A、Bスピーカー切換スイッチ
ヘッドホン・ジャック
<プリアンプ部>
周波数特性 20Hz〜50000Hz -1dB以内
全高調波歪率 0.1%以下(1kHz、1V)
残留雑音 100μV以下
入力感度/インピーダンス Phono1:2mV/30kΩ、50kΩ、100kΩ
Phono2:2mV/50kΩ
AUX1:100mV以上(調整可能)/100kΩ
AUX2:100mV/200kΩ
Tape Play :100mV/100kΩ
SN比 Phono1、2:60dB以上
AUX1、2、Tape Play:70dB以上
クロストーク(1kHz) チャンネル間:55dB以上
入力種別間:70dB以上
トーンコントロール LUX方式NF型湾曲点切換付
高音:1.5k、3k、6kHz、defeat
低音:600、300、150Hz、defeat
付属装置 ローブースト:80Hz、6dB/oct.
ハイカット:5kHz、-6dB/oct.
ローカット:100Hz、-6dB/oct.
テープモニター:DINコネクタ
使用半導体
トランジスタ(35個) 2SA606:2個
2SC369BL:3個
2SC693Gu:14個
2SC694G:5個
2SC734:1個
2SC959:5個
2SD218:5個
ダイオード(13個) DS13:4個
DS16B:3個
SD34:6個
バリスタ(2個) STV-03:2個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 170W(最大出力時)
外形寸法 幅450×高さ160×奥行268mm
重量 11kg