オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

SQ38FDの画像

LUXMAN SQ38FD \98,000(1970年7月発売)
\138,000(1974年頃)

解説
SQ38シリーズの4代目にあたる管球式プリメインアンプ。

出力管には50CA10を採用し、出力トランスにはOY15型を使用しています。

メインアンプ部はムラード型回路を基本にしており、この回路の特長を最大限に生かすため細部に改良を施すことで高域の歪特性を改善しています。さらに位相補正回路を挿入することで、スピーカーのインピーダンスが上昇する高域で負荷の減衰からくるアンプの不安定さを解消しています。

プリアンプ部には2段NF型イコライザーとLUX方式NF型のトーンコントロールを採用しています。

トーンコントロールは左右が独立しており、低域、高域ともに2点ずつの湾曲点切換が行えます。

ハイフィルターやローフィルターを搭載しています。

メインアンプ部の入力レベルセット機能を搭載しています。

スピーカー出力は2系統備えています。
スピーカーの出力インピーダンスはそれぞれの系統で選択できるため、インピーダンスの異なるスピーカーを接続した場合も最適の負荷が選べます。
 
 
リアパネル
 
機種の定格
型式 管球式プリメインアンプ
連続実効出力 30W+30W(4Ω、8Ω、16Ω)
全高調波歪率 0.7%以下(最大出力時)
周波数特性 20Hz〜20kHz -1dB
入力感度 Phono1/2:2.2mV
Aux1/2/3:200mV
Monitor:200mV
入力インピーダンス Phono1/2:50kΩ
Aux1/2/3:200kΩ
Monitor:200mV
S/N比 Phono:60dB以上
Aux:70dB以上
Monitor:70dB以上
イコライザー RIAA(偏差:±0.5dB以内)
クロストーク チャンネル間:57dB以上
Aux-Phono間:55dB以上
Aux-Aux間:65dB以上
ダンピングファクター 約15(1kHz)
残留雑音 1mV以下
録音用出力 200mV/2kΩ
プリ部出力 1V/1kΩ
トーンコントロール LUX方式NF型湾曲点周波数切換付
高域湾曲点:3kHz、6kHz
低域湾曲点:300Hz、150Hz
※defeat可能
ハイカットフィルター 5kHz、9kHz
ローカットフィルター 100Hz、50Hz
付属装置 メイン部入力レベルセット
テープモニタースイッチ及び端子
DIN規格テープコネクター
使用真空管等
真空管:



ダイオード:
50CA10×4本
6DT8/6AQ8×2本
6267×2本
12AX7×4本
DS16A×4本
DS16C×4本
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 250W(最大出力時)
外形寸法 幅476×高さ190×奥行335mm
重量 18kg