オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

MQ830の画像
 解説 

マルチチャンネルの中高域用など用途を想定して設計されたステレオパワーアンプ。

回路はオールシリコントランジスタ構成となっており、回路方式には準コンプリメンタリー回路を採用しています。また、出力段はSEPP-OTL方式となっています。

パワーアンプ部を構成する6個のトランジスタの前段にエミッタフォロア回路が挿入されています。
これにより入力インピーダンスを高く保ち、歪率の悪化を防いでいます。

ラックスマン独自の回路方式によって保護回路を省略した構成となっています。

入力レベルセットボリュームを搭載しており、入力感度の調整が可能です。

スピーカー端子にはラックスマン独自の新開発端子を採用しています。

フロントパネルはアルミ材をヘアライン加工し、ホワイトゴールドのアルマイト染色で仕上げられています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
回路方式 準コンプリメンタリーSEPP-OTL
出力 20W/20W(4Ω)
17W/17W(8Ω)
全高調波歪率 0.5%以下(17W、8Ω、1kHz)
周波数特性 20Hz〜50kHz -1dB
入力感度/インピーダンス 500mV(最大出力時)/40kΩ
SN比 90dB以上
残留雑音 0.5mV以下
負荷インピーダンス 4Ω〜16Ω
ダンピングファクター 45(8Ω、1kHz)
付属装置 入力レベルセット・ボリューム
使用半導体
トランジスタ: 2SD153(4個)
2SC853(4個)
2SA545(2個)
2SC693Gu(4個)
ダイオード: 1S1850(2個)
バリスタ: SV-03(2個)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 90W(最大出力時)
外形寸法 幅115×高さ160×奥行270mm
重量 4kg