オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

MQ80の画像
 解説 

真空管に6336Aを用いたステレオパワーアンプ。

出力管にはOTLアンプのMQ36で使用された双三極管6336Aを採用しています。
MQ80ではこの6336Aを用いて片チャンネルあたり1本でプッシュプル回路を構成させ、8Ω負荷時で40Wの出力を得ています。

出力トランスには従来のOY15型に似た外観のものを使用していますが、クロスシャント・プッシュプル動作の効果を出すため、1次側巻線をプレート側とカソード側に分割し、これをバイファイラ巻きする方式を採用しています。
この方式により大出力まで低歪に抑える事が可能となっています。また、出力トランスの高域周波数特性は200kHzまで伸び、位相特性も極めて優れたものとなっているため、アンプの裸特性の改善と同時に負帰還をかけた場合の安定性にも優れた効果が得られています。

クロスシャント・プッシュプル動作の出力段は、出力電圧の50%が負帰還として戻り、さらに6336Aは低rp.高Gmなため、大きなドライブ電圧が必要となります。
そこで、ドライブ段にはプレート損失の大きい、力のある双三極管12BH7Aを採用し、カソードフォロア直結回路を構成させ、強力なドライブ回路としています。また、位相反転段には双三極管の6AQ8を採用し、カソード結合回路を構成させ、初段はゲインをかせぐため、ペントードの6267を採用しています。

機種の定格
型式 管球式ステレオパワーアンプ
連続実行出力 40W+40W(8Ω、両ch動作)
45W/45W(8Ω、片ch動作)
全高調波歪率 0.5%以下(8Ω、40W)
周波数特性 10Hz〜60,000Hz -1dB
入力感度 800mV(8Ω、40W)
入力インピーダンス 80kΩ
ダンピングファクター 15(8Ω負荷)
残留雑音 0.5mV以下
使用半導体等
真空管(8個) 6336A:2個
12BH7A:2個
6AQ8:2個
6267:2個
ダイオード: RA-1B:10個
1S2367:2個
S3G80Z:4個
サイリスタ: SF-3G14:1個
N-13T1:1個
電源電圧 100V
消費電力 250W
350W(最大出力時)
外形寸法 幅435×高さ170×奥行260mm
重量 17kg