オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

M-7の画像
 解説 

B-10の開発コンセプトを継承して開発されたステレオパワーアンプ。

音の立ち上がりをより生々しく再現するためCSSC(Complimentaly Single Stagger Circuit)回路を採用しています。
CSSC回路は全段直結コンプリメンタリー構成されています。初段はデュアルFET差動とカスコード接続トランジスタのコンプリメンタリー回路となっています。そして2段目はベース接地タイプの電流伝送回路が採用されており、カットオフ周波数が充分に高く一段目の位相回転のみでアンプ帯域が確保できるため、充分な位相補正を必要としない自然な信号増幅を実現しています。
電流増幅段は増幅率の高い3段ダーリントン・コンプリメンタリー回路となっており、その終段にはマルチ・エミッタ構造の大型バイポーラトランジスタ(Pc150W)を片チャンネル6個用いたプッシュプル構成とすることで、優れたドライブ能力を確保しています。

全ての帯域の音色を揃えるため、独自のODβ(Optimized Dual NFB)回路を採用しています。
一般的なNFBでは、直流と交流を別帰還とする方式が用いられています。この際に、交流は中高域、直流は低域の音質に影響を与えていますが、低域を制御するために直流領域にのみサーボアンプを挿入されて多量のNFBを与えているため、中高域と低域の音色に不統一感を生み出していました。
M-7で採用されたODβ回路では、回路の裸特性を高度に練りあげることでDCサーボアンプを排除しつつ直流安定性を確保しており、音色の自然な統一感を得ています。

電源部には独自のハイ・イナーシャ電源を採用しています。
M-7ではレギュレーションを高めたトロイダル電源トランスを用いるとともに、大容量のブロックコンデンサーによって瞬時供給能力を高めるなどの裸特性の改善が図られており、音楽信号によって発生する小刻みな電圧変動をゆったりとした変動に変え、聴感上自然な給電を実現しています。

ステレオパワーアンプとしての使用だけでなく、BTL接続による大出力モノラルパワーアンプとしての使用も可能です。

不要振動やノイズを低減するため高剛性コンストラクションを採用しています。
M-7では、振動吸収モードに優れた5点接地型の大質量FRPシャーシベースを採用し、さらに左右対称の構造とすることで重量バランスを保っています。また、筐体内で温度差が生じないよう配慮するとともに、ヒートシンクの鳴きを抑えるための独自の形状を設定するなど、素材、配置、形状に至るまで対策が施されています。
また、ノイズ対策としてはボックス遮断構造を採用しており、各回路間の相互干渉を解消するため、それぞれの回路をシールド板で遮断し、さらに各ステージを合理的に細分化することで高周波ノイズやフラックスを絶ち切っています。

トランス、整流ダイオード、ブロックコンデンサーなどの電源部は信号経路と完全に分離された隔壁構造の独立電源ルーム方式となっており、様々な干渉ノイズや不要振動の影響を抑えています。
さらに定電圧回路はアンプ側にレイアウトし、制御の時間遅れや干渉ノイズの影響を排除しています。

レベルコントロール機構として6接点独立固定抵抗切替方式を取り入れたL/R独立アッテネーターを採用しています。アッテネータータイプとすることでスライド式抵抗器で見られる印刷抵抗体内部の迷走電流が生じず、音質劣化を低減しています。
このアッテネーターでは-∞、-30dB、-20dB、-12dB、-6dB、0の6ポジションが選択できます。

入力端子はバランス端子とRCA端子の2系統を装備しています。また、出力端子は独自開発のバナナ端子やYラグ対応のオリジナルスピーカー端子を装備するとともに、音響現場で使用されているスピコン端子も搭載しています。

非磁性体抵抗器や電解コンデンサー、銅スチロールコンデンサーなど、B-10にも採用されたカスタムパーツを採用しています。
さらに銅製バスバーを使用することでインピーダンスの変動を抑えています。

ラックス独自のラインフェーズセンサーを搭載しており、システムの極性を統一することができます。

リモートコントロール端子を搭載しており、リモートコントロール出力を備えたコントロールアンプを接続した際に電源オン・オフを連動させることができます。

電源ケーブルにはカスタムメイドの専用ケーブルを採用しています。
また、電源コネクターにはACインレットタイプを採用しています。

パワーメーターには120×100mmの大型パワー表示メーターを採用しています。
このメーターにはブランドロゴを立体的に映しだすイルミネーション演出が設けられています。

独自の表面加工を施したアルミパネルと木製キャビネットを採用しています。

M-7i(improved model)へのバージョンアップサービスがありました。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
連続実効出力
ステレオ時:

モノラル時:
230W+230W(4Ω)
150W+150W(8Ω)
460W(8Ω)
入力感度 1V/150W(8Ω)
入力インピーダンス Coaxial:47kΩ
Balance:66kΩ
利得(ゲイン) 31dB
全高調波歪率 0.004%(1kHz、8Ω)
0.03%(20Hz〜20kHz、8Ω)
周波数特性 20Hz〜20kHz +0 -0.1dB
10Hz〜100kHz +0 -1.0dB
S/N比 115dB(1kHz、IHF-A)
入力端子 Coaxial(RCA) L/R
Balance L/R
出力端子 3ウェイ大型万力タイプ L/R
スピコン端子 L/R
付属装置 大型パワーメーター
アッテネーター
BTLスイッチ
ラインフェーズセンサー
リモートパワー用端子
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 350W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅467×高さ212×奥行440mm
重量 26.5kg
備考 M-7iへのバージョンアップ(\50,000)