オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

M-08の画像
 解説 

CSSC回路やODβサーキットなどの回路技術を投入したステレオパワーアンプ。

アンプ部にはハイスルーレートな増幅を可能にするCSSC回路を採用しています。
CSSC回路は全段直結ピュア・コンプリメンタリーの一段増幅回路を採用しています。一般的な回路ではゲインを高くとるために多段電圧増幅の回路構成を採用しており、多くの場合では上がり過ぎたゲインをNFBで補正しなくてはならず、音の立ち上がりが阻害され、高域特性に悪影響を及ぼしています。M-08は素性の良い一段電圧増幅とすることで必要充分なゲインを確保し、過剰ゲインとNFB補正で音楽を萎縮させるのを防いでいます。
回路構成は、初段は入力インピーダンスを高くとり、動作基準点を明確にしたFET差動とカスコード接続トランジスターのコンプリメンタリー回路、2段目は電流伝送段としてベース接地回路、ドライバー段は電流増幅率の高い3段ダーリントン接続のコンプリメンタリー・エミッター・フォロワー回路を採用しています。
さらに終段は抵抗値が小さくロスの少ないマルチ・エミッタートランジスタを3パラレル・プッシュプルで使用し、強力なドライブ能力を獲得しています。

全帯域にわたって音色を統一するためODβサーキットを採用しています。
ODβ回路は、ラックスが独自に開発したDC別帰還のDUOβ回路の発想をさらに突き詰めた回路です。一般的なアンプでは、中高域と低域の音質を統一するために交流・直流ともに適量のNFBが与えられており、交流帰還は主に高域に、DC帰還は低域にそれぞれ影響を与えています。しかし、回路の裸特性が悪くDC帰還が完全でないアンプはDCサーボアンプを用いて多量のNFBをかけて低域を補正せざるを得なく、このDCサーボアンプによって中高域と低域の音質の不統一感を生み出していました。
ODβサーキットでは回路の裸特性を充分に練り上げているため100%のDC帰還が可能となっており、音質上は不要であったDCサーボアンプを削除した回路構成としています。

電源部には800VA相当の大型電源トランスを中心とした強力な電源部を採用しており、配線材に高品位ワイヤーを使用するとともに電源経路全体の低インピーダンス化を徹底しています。
また、電源トランスの2次側巻線は回路ごと独占した3巻線を採用しており、整流後にはL/R個別のレギュレーター回路を配備し、電源を介しての相互干渉を排除しています。さらに、終段用の巻線は整流器を含め左右を分離しており、4個のブロック型コンデンサーを備えることで瞬時電流供給能力を飛躍的に高めています。

電源回路には独自のハイ・イナーシャ電源が採用されています。
一般の安定化電源はNFBによって制御されていますが、音楽再生のリアルタイムとそれがフィードバックされて制御が働くまでには時間差があり、短い時間でミクロ的に観察すると電源電圧は絶えず大きく変動しています。そこで、従来は電源部全体のインピーダンスを極力下げ、この変動が数値的に目立たないようにしていました。
ハイ・イナーシャ電源ではこの部分に着目し、電源部の容量や瞬時供給能力といった基本性能を高めたうえで、NFB量を極小化し、制御自体を減少させて変動を緩やかに変えています。これにより短い時間軸上でも変動幅の少ない自然な供給が可能となっています。

筐体コンストラクションにはシンメトリカル構造を採用しており、高剛性・大質量の5点接地特殊FRPボトムシャーシ上に電源トランスや大型ブロックコンデンサーなどの整流ユニットを前後バランスを考慮して配置し、大型ヒートシンクを左右に分離したレイアウトとしており、重量バランスや内部の温度的均衡を保っています。
また、ノイズ対策として各回路の相互干渉を排除するシールド板を用いたボックス遮蔽構造を採用しており、各ステージを細分化し、高周波ノイズや漏洩フラックスを排除しています。

非磁性体抵抗、電解コンデンサー、銅スチロールコンデンサー、銅製バスバー、高純度6N銅ケーブルなどのカスタムパーツを採用しています。特に電解コンデンサーには特殊な低音溶接を施した端子を持つ高純度アルミ停箔倍率電解コンデンサーを採用しています。これは音の瞬発力を低下させる要因になる直流抵抗の値を下げ、音の素早い立ち上がりを可能にしています。

様々な出力インピーダンス、ゲインを持つコントロールアンプに対して最適なマッチングが図れるよう、コアキシャル/バランス入力それぞれに対応した高精度な固定抵抗切換方式のミュートレベルスイッチを搭載しています。

ラインフェーズセンサーを搭載しており、電源回路の極性管理が可能です。

極太ケーブルの装着できる万力型スピーカー端子を採用しています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
連続実効出力 200W+200W(8Ω、20Hz〜20kHz)
入力感度 1V(200W、8Ω)
入力インピーダンス Coaxial:50kΩ
Balance:65kΩ
全高調波歪率 0.005%以下(8Ω、両ch動作、定格出力、1kHz)
混変調歪率 0.008%以下(8Ω、両ch動作、定格出力、1kHz)
周波数特性 20Hz〜20kHz +0 -0.1dB
5Hz〜100kHz +0 -0.7dB
S/N比 120dB(IHF-A)
付属装置 Coaxial-Balance
入力アッテネーター
ラインフェーズセンサー
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 816W(電気用品取締法)
最大外形寸法 幅465×高さ220×奥行475mm
重量 42kg