オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

L-410の画像
 解説 

デュオベータ技術を投入したRevolverシリーズのプリメインアンプ。

パワーアンプ部に一段増幅アンプのデュオベータ・サーキット/Sを搭載しています。
デュオベータ・サーキット/Sは3つの技術をまとめた総称です。アンプ回路の増幅段を一段のみとしてオープンループのままで低歪を実現する一段増幅アンプ。アンプ回路に対して全帯域にわたる適量NFBと可聴帯域外の超低域から引き締めるDCサーボを組み合わせたデュオベータ・サーキット。電源に余裕ある安定化制動力を持たせる電源回路plusXを搭載しています。
一段増幅アンプでは高域スたがーが少ないので位相ズレによる高域補正を必要としないほどの安定性を得ています。また、デュオベータ・サーキットではアンプ内部の全ての回路の中から素子の限界以外にスルーレイトが悪化する要因が無くなります。そして、plusX電源回路によって電源接地回路が皆無となり、電源ノイズの悪影響から開放されることでSN比が向上しています。

イコライザアンプ部にはデュオベータ・サーキットを採用しています。
また、MCカートリッジにも対応するためハイゲイン設計が施されています。

フォノ・ストレート機能を搭載しています。
この方式では、単なるバイパスでなく、フィルタ類、バランス・コントロール、セレクタ類などの接点や配線引き回しを徹底して切り離しています。

トーンコントロールにはターンオーバー周波数シフト式を採用しています。
変化量と変化し始める周波数が連動して動作するため、効果的な音質調整が可能です。

機種の定格
型式 インテグレーテッド・アンプ
実効出力 75W+75W(8Ω、1kHz、両ch)
全高調波歪率 0.009%以下(8Ω、-3dB、20Hz〜20kHz)
混変調歪率 0.009%以下(8Ω、60Hz:7kHz=4:1)
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/50kΩ
Phono MC:100μV/High・Low切替
Tuner、Aux/DAD、Monitor:200mV/40kΩ
Main in:200mV/50kΩ
SN比(IHF-A) Phono MM:90dB(入力ショート、5mV換算)
Phono MC:67dB(入力ショート、250μV換算)
Tuner、AUX/DAD、Monitor、Main In:110dB
周波数特性 Phono:20Hz〜20kHz ±0.3dB
Tuner、Aux/DAD、Monitor、Main in:10Hz〜100kHz -1dB
トーンコントロール ±8dB、ターンオーバシフト型
プリ部出力 200mV(Pre Out)
フィルタ サブソニックフィルター:30Hz
ハイカットフィルター:7kHz
ローブースト +8dB、70Hz
テープモニター 2系統(Tape-1、Tape-2)
テープダビング 1→2、2→1
スピーカースイッチ 2系統
消費電力 180W
外形寸法 幅453×高さ135×奥行425mm
重量 13.0kg