オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CL35の画像

LUXMAN CL35
\75,000(1970年6月発売)

解説
真空管最後のプリアンプとして発表したPL45型を、もう一度徹底的に検討し直して作り上げられたプリアンプ。
海外の著名な製品を解析した成果が盛込まれ、一段と完成度を高めた仕上がりとなっています。

イコライザ回路は3段構成のK-KNF型(カソードからカソードへNFをかける方式)となっています。
この構成はマランツ7型にも使われており、CL35ではとくに耐入力特性を向上させています。

トーンコントロールには、LUX方式のNF型を採用しており、湾曲点が高低3箇所ずつ切換えられます。
またトーンコントロールは、ディフィート・スイッチで飛ばす事ができます。

フィルターはハイカット2段、ローカット2段となっています。

出力段はカソードフォロア回路を採用しており、出力インピーダンスが低く、電源電圧の変動による影響を受けにくい安定な回路となっています。

昇圧トランス用のソケットを備えており、MCカートリッジにも対応しています。

内部で使用されているCR類は全てプリント基板に取付けられており、チャンネル別に独立した基板が対称になったレイアウトとなっています。
また、真空管は背面の保護ボードをはずすだけで簡単に抜き差しが出来ます。
 
 
リアパネル
 
機種の定格
型式 管球式コントロールアンプ
周波数特性 10Hz〜30,000kHz ±0.5dB以内
全調波歪率 0.08%以下(出力電圧2V時)
出力電圧(1kHz) 定格:2V(歪率:0.05%以下)
最大:20V(歪率:0.3%以下)
入力感度(出力1V時) Phono1、2:1.3mV
AUX1、3:130mV以上
AUX2、Monitor:130mV
MIC:0.6mV
Center MIC:0.8mV
入力インピーダンス Phono1:100kΩ、50kΩ、30kΩ
Phono2:50kΩ
AUX1、3、Monitor:110kΩ
AUX2:200kΩ
MIC:33kΩ
Center MIC:75kΩ
SN比(出力調整器中央、入力ショート)
無補正: Phono1、2:64dB以上
AUX1、2、3、Monitor:77dB以上
MIC、Center MIC:56dB以上
IHF-A補正: Phono1、2:75dB以上
AUX1、2、3、Monitor:85dB以上
MIC、Center MIC:63dB以上
イコライザ RIAA偏差±0.3dB以内
トーンコントロール LUX方式NF型湾曲点切換付
低域湾曲点:150Hz、300Hz、600Hz
高域湾曲点:1.5kHz、3kHz、6kHz
Defeatスイッチ付
フィルター Lowカット:30Hz、70Hz(-12dB/oct)
Highカット:5kHz、9kHz(-12dB/oct)
付属装置 テープモニタースイッチおよび端子
ACコンセント
昇圧トランス挿入ソケット
使用半導体等
真空管(7個) 12AX7:5個
12AU7:2個
ダイオード(8個) DS16A:4個
DS16C:4個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 30W
外形寸法 幅476×高さ190×奥行275mm
重量 12kg