オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CL-40の画像
 解説 

ラックスマンで初めてGE社製真空管を使用したコントロールアンプ。

イコライザ回路にはS.R.P.P.(シャント・レギュレーテッド・プッシュプル)出力回路を採用しています。
この回路では高増幅率の双3極管7025/12AX7Aを使用しており、最適動作点を設定して高性能化を図っています。

フラットアンプには2段直結差動アンプを採用しており、初段には中増幅率の双3極管7028/6BK7B、2段目には低増幅率の双3極管7026/6CG7を使用しています。

トーンコントロール回路には変化特性が素直なLUX方式NF型を採用しています。

音質を考慮してレギュレーター回路にも真空管を採用しており、トランジスタ2個との併用によってゲイン取得と音質向上を両立させています。

機種の定格
型式 管球式コントロールアンプ
出力電圧 pre out:定格2V、最大20V以上(歪率0.3%)
出力インピーダンス Pre out、Rec out:500Ω
全高調波歪率 Phono:0.05%以下(Rec out、2V、1kHz)
Tuner、DAD、Line:0.05%以下(Pre out、2V、1kHz)
Monitor1/2:0.05%以下(Pre out、2V、1kHz)
周波数特性 Phono:20Hz〜20kHz ±0.3dB
Tuner、DAD、Line:1Hz〜50kHz ±0.5dB
Monitor1/2:1Hz〜50kHz ±0.5dB
入力感度(出力1V) Phono:1.8V
Tuner、DAD、Line:170mV
Monitor1/2:170mV
入力インピーダンス Phono:50kΩ、100kΩ(切替スイッチ付)
Tuner、DAD、Line:100kΩ
Monitor1/2:100kΩ
S/N比(入力ショート、IHF-A補正) Phono:75dB以上
Tuner、DAD、Line:100dB以上
Monitor1/2:100dB以上
トーンコントロール LUX方式NF型
Bass、Treble:最大±7dB
付属装置 低域用フィルタ(subsonic:10Hz、low cut:40Hz)
モニタ・スイッチ(tape-1、tape-2)
テープダビングスイッチ(1-2、2-1)
レコーディングスイッチ
モードスイッチ(reverse、stereo、mono)
アッテネーター(-20dB)
トーン・イン・スイッチ
ヘッドホンアンプ及びジャック(8Ω出力:40mW)
Phono用入力インピーダンス切替スイッチ(50kΩ、100kΩ
ラインフェーズセンサー
使用真空管 7025/12AX7A:3本
7028/6BK7B:2本
7026/6CG7:2本
7030/12AU7A:1本
7032/12BH7A:1本
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 50W(電気用品取締法)
外形寸法 幅470×高さ168×奥行402mm
重量 8.0kg