オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

C-10IIの画像
 解説 

コントロールアンプC-10を、さらに抵抗器や回路定数の変更により全面リファインされて誕生したコントロールアンプ。

超ローノイズ・高密度情報量抵抗器を新規開発のうえ全面投入し、完全バランス対応4回路4連式、58接点スーパー・アルティメイト・アッテネーターIIを採用しています。
456個の抵抗器を用いながらも、各音量の設定は全て常時2個の抵抗のみ(0dBと-∞ポジションは1個)で構成され、他の抵抗を完全に切り離すことにより信号純度を得ています。

CSSC、全段直結ピュアコンプリメンタリー構成のシングルスタガーサーキットを搭載しています。
CSSCでは2段目のベース接地回路による電流伝送段によりカットオフ周波数が充分に高く、最小限度の補正で安定した動作を実現しています。また、出力段には2段ダーリントン接続のコンプリメンタリー・エミッターフォロア回路が採用され、充分に送り出しインピーダンスを低く抑え、パワーアンプを駆動するための信号エネルギーを充実させています。
このCSSCを2つ組み合わせた完全バランス構成を採用し、アース電位差を完全に解消し、基準点を明確にしたCSSCをバランス構成化することで、電位差や時間軸上の位相差の問題を解消しています。

交流領域と直流領域に分けて補正されるNFBのうち、直流領域は比較的制御が難しいため交流領域よりも強力な補正を必要とします。このため、DCサーボアンプ等で補正を高める手法が採られていました。
C-10IIでは、回路の基本特性である裸特性を練り上げDCサーボアンプを用いることなく充分な直流安定性を確保したODβ回路を採用しています。

電源部には、ラックスが独自で開発した瞬時供給能力を持つ大容量コンデンサを採用することで、負荷に流れる電源の変動に影響されず一定のエネルギーを保持する慣性力の高い電源部を構築しています。
また、レギュレーター回路はコンデンサの電位を一定に保つために必要な最小限度のNFB制御とし、過剰なフィードバックによって発生する音質への弊害を解消しています。

5点接点のFRPシャーシベースを基盤として各パーツを強固にマウントし、不要振動などの悪影響を排除しています。
また、内部構造は役割の異なるセクションごとに遮蔽板で仕切ったボックス遮断構造を採用しており、特に電源部は電源部を個別ユニットの中に格納することでリーケージフラックスを遮断するとともに、防振材で電源ルーム全体をメインシャーシから独立させることで電源部からの電磁的、機構的両面におけるあらゆるノイズ成分を排除しています。

パソコンやマイコン搭載機器から発せられる高周波ノイズや電源を介しての混入ノイズに対して、純度の高い音質を確保するノイズフィルターを強化して搭載しています。

専用のカスタム抵抗器を始め、小容量コンデンサや銅シールド付き銅箔スチロールコンデンサ、信号系の切替えに使われる密閉型金張り接点リレーに至るまでラックスの特別仕様のパーツを採用しています。

入出力には、コアキシャル6系統とバランス2系統、出力にはコアキシャル2系統とバランス2系統装備し、テープ系の入出力も2系統装備しています。
バイアンプ駆動においてもコアキシャル/バランスのいずれも選択することが可能です。

ハイエンドモデルらしく、フロントパネルはアルミ削り出しの肉厚のもので、シャンペンゴールド仕上げとなっています。
また、木製キャビネットを採用しています。

AC電源の極性を感知するラインフェイズセンサーを搭載しています。
これにより常に正しい極性でセッティングすることが出来ます。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
入力感度/インピーダンス チューナー:150mV/50kΩ
CD:150mV/50kΩ
Line1〜4:150mV/50kΩ
出力レベル/インピーダンス コアキシャル:定格 1V/300Ω、最大7.5V
バランス:定格 1V/600Ω、最大7.5V
全高調波歪率 0.005%以下(定格)
周波数特性 20Hz〜20000Hz、+0 -0.1dB
S/N比 120dB以上
トーンコントロール Treble:ターン・オーバー 3kHz 最大±8dB(10kHz ±6dB)
Bass:ターン・オーバー 300Hz 最大±8dB(100Hz ±6dB)
付属機能 テープ・ダビング:2系統(1→2、2→1)
REC OFF
ストレート・スイッチ
出力モード切替スイッチ
リモート(Power)出力
ライン・フェイズ・センサー
出力位相切替スイッチ
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 38W(電気用品取締法による規定)
外形寸法 幅467×高さ187×奥行475mm
重量 23.0kg