オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

B-10の画像
 解説 

長い年月をかけて蓄積した技術やノウハウを集大成し、最新の技術を注いで開発された、最高級モノラルパワーアンプ。

広帯域で優れた音の立ち上がりを実現するため、全段直結ピュア・コンプリメンタリー構成のCSSC(Complimentary Single Stagger Circuit)回路を採用しています。
CSSC回路では、シングル・スタガー回路をさらにコンプリメンタリー構成とすることで制御を極小化しており、過剰制御することなく、広帯域でハイ・スルーレートな音質を獲得しています。
初段は入力インピーダンスを高くとったデュアルFETとカスコード接続トランジスタのコンプリメンタリー回路、次段はベース接地による電流伝送段とし、カットオフ周波数を充分に高くすることで余分な位相補正を必要としない信号増幅を実現しています。
また、電流増幅段は増幅率の高い3段ダーリントン・コンプリメンタリー回路、集団には+信号と−信号用にそれぞれPc 200W級のマルチ・エイミッタートランジスタを6個使い構成しています。
B-10ではこのCSSC回路を2つ組合わせた完全バランスCSSC構成を採用しており、出力時に信号に混入したノイズを打ち消しあう事で外部の影響に強くS/Nの向上が図れています。

バランスアンプに送り込むための信号の安定度を確保する入力信号のインピーダンス変換には、ハイスピードな特性を持つディスクリート構成のバッファーアンプを採用しています。
初段はローノイズ・ハイアドミッタンスタイプのシリコン接合FETをコンプリメンタリーで使用したソース・フォロアー構成で、2段目ではハイ・ft、ハイfheタイプのリング・エミッタートランジスターのコンプリメンタリー使用によるエミッター・フォロアー構成をとっています。

DC別帰還のDUOβ回路をさらに発展させたODβ(Optimaized Dual NFB)回路を採用しています。
一般的な直流と交流別帰還のNFB方式では、低域に影響の大きいDC帰還を制御するためにサーボアンプを用いて多量のNFBを与えていましたが、中高域に影響する交流帰還にはこのプロセスがないため、中高域と低域の音色に不統一感を生み出しています。
B-10では、回路の裸特性を向上させることで、音質上は不要であったDCサーボアンプを排除しても充分な制御が可能となり、全ての帯域にわたって均一に統一された自然な再生音を実現しています。

電源部には、レギュレーションが高く、音楽への動的な追随性に優れた大型800VAのEIトランスを採用しており、回路ごとに独立した3巻線を採用することで、相互干渉を排除してます。
また、ブロックコンデンサーにはB-10用に特別開発された22,000μFのカスタムメイド・コンデンサーを4個搭載しており、これにより瞬時の電流供給能力を高めています。

安定化電源には、独自のハイ・イナーシャ電源が採用されています。
電源トランスのレギュレーションを高め、大型コンデンサにより瞬時供給能力を確保した電源部により電圧変動に対処しており、音に悪影響を与える過剰なNFBを可能な限り極小化しています。
この手法により、小刻みに揺れる不自然な電圧変動をゆったりとした変動に変え、ミクロ単位で観測した際には殆ど変動の見られない自然な供給を可能にしています。

アッテネーターには6接点独立固定抵抗切替型アッテネーターを採用しており、一般的な連続可変型のスライド式抵抗器でよく起きていた印刷抵抗体内部の迷走電流が生じないため、音の損失を防いでいます。
抵抗器は信頼性の高いミリタリー規格の大型カーボン被膜抵抗(1Wタイプ)で、6ポジションから選択できます。

音質に悪影響を与える不要振動とノイズ対策に、振動吸収モードに優れ、安定した動作を守る5点接地型のFRPシャーシ・ベースを採用してます。
また、筐体構造は各回路間の相互干渉を解消するためにボックス遮断構造とし、さらに各ステージを細分化することで、高周波ノイズや漏洩フラックスを抑えています。
さらに、ヒートシンクの鳴きを抑えるために独自の形状を採用しています。

トランス、整流ダイオード、ブロックコンデンサーなどの電源部は、信号経路と完全に分離させ別シャーシに収納しています。この独立電源ルーム方式により、電源を筐体内に納めつつ、セパレート型電源部と同様の効果を実現しています。
さらに定電圧回路は電源部と切り離してアンプ側に配置し、干渉ノイズの排除を図っています。

スピーカー端子には独自に開発したバナナ端子やYラグ対応の大型3ウェイ・オリジナル・スピーカー端子を搭載しています。
また、RCA端子とバランス端子だけでなく、スピコン端子を国内のアンプで初めて採用しています。

カスタムパーツとして、大型電源トランスやブロックコンデンサーをはじめ、非磁性体抵抗、電解コンデンサー、銅スチロールコンデンサー、銅製バスバー、高純度6Nケーブルなどを採用しています。
さらに、インピーダンス変動を極小化するため70μに設定された銅箔によるパターンと絶縁性に優れたガラスエポキシ基板を採用しています。
また、電源ケーブルにはカスタムメイドのACインレットタイプを採用しています。

電源の極性が一目で検知できるよう独自のラインフェイズセンサーを搭載しています。
また、リモートコントロール出力を備えたコントロールアンプを接続することにより、B-10の電源のオン/オフをリモートコントロールで管理できます。

大型パワー表示メーターを搭載しています。

無垢のアルミパネルには、特殊なピアー・サーフェイス・フィニッシュによって独自の味わいをもたせています。

機種の定格
型式 モノラルパワーアンプ
連続実効出力 1000W(4Ω)
500W(8Ω)
入力感度 1V/500W(8Ω)
入力インピーダンス Coaxial:50kΩ
Balance:100kΩ
利得(ゲイン) 36dB
全高調波歪率 0.04%(20Hz〜20kHz)
周波数特性 20Hz〜20000Hz +0 -0.1dB
10Hz〜100,000Hz +0 -1.0dB
SN比(IHF-A) 115dB
付属装置 Coaxial-Balance 入力アッテネーター
ライン・フェーズ・センサー
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 560W(電気用品取締法)
外形寸法 幅467×高さ233×奥行482mm
重量 43.5kg