オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

L-200の画像
 解説 

ギャザードエッジを採用した20cmコーン型ウーファーユニット。

L-200では非直線歪を小さくするため、コーン振動部の構造と材質を工夫して分割振動に起因する歪を提言しています。また、磁気回路やエッジ、ダンパーなどの非直線歪の原因となる要素を排除しています。
また、ピストン振動領域の拡大も図られています。

ボイスコイルには10cm口径のボイスコイルを採用しています。これによりコーン紙の頂角を短くすることでコーンの強度を増し、ピストン運動領域を拡大しています。さらにコーンの母線長を短くすることにより歪の原因となるコーンの分割振動を排除しています。

エッジ部にはギャザードエッジを採用しています。
このエッジは480の面を持つギャザーから構成されており、アコーディオンの蛇腹のような働きをします。また、材質には特殊処理を施した合成繊維を使用しています。これによりエッジの高次共振を抑圧しながらコンプライアンスを大きくし、さらに振動の直線性も改善しています。

コーン紙にはヤング率が大きく密度が小さいものを試作を重ねて開発し、採用しています。

ダンパー部は、振動系有効質量を支えるため材質に十分なエージングと成型を行った新開発のものを使用しており、経時経年変化を抑えています。

機種の定格
型式 コーン型ウーファー
外径 22.85cm
開口径 17.8cm
18.6cm(別カタログ記載)
バッフル穴 19.25cm(前面より落しこみ)
ボイスコイル径 9.7cm
定格入力 20W(70Hz以上連続)
出力音圧レベル 88dB/W/m
ボイスコイルインピーダンス
再生周波数帯域 30Hz〜3.0kHz
fo〜3.5kHz(別カタログ記載)
fo 26Hz(バッフル無し)
クロスオーバー周波数 3kHz以下
総磁束 370,000maxwell
磁束密度 6,430gauss
奥行 11.2cm
重量 3.45kg