オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

FT-5500の画像
 解説 

C.S.S.(コンピューター・サーチ・システム)やT.D(ツイン・でコード)MPXを搭載したFM/AMチューナー。

混信妨害対策として開発されたC.S.S.を搭載しています。
このシステムは、コンピューターで希望局周辺に隣接妨害、相互変調妨害を与えている妨害局があるかを探し出し、混信妨害が無い時は高感度受信に、妨害があるときは高選択度受信に自動的にRFとIF回路を切換えます。
さらに、このデータをマイクロコンピューターが希望局の周波数とともに記憶し、ワンタッチでクリアなFM放送を受信できます。

従来のFMアンチバーディフィルタに代わる新開発のT・D-MPX IC回路を搭載しています。
この回路では、つうじょうのステレオ再生に行う第1デコーダーの他に、ビート成分と逆位相の成分を作り出す第2デコーダーを設け、これらの出力を加算することによりビート成分を排除しています。

広い周波数特性と高選択度を得るため、新開発の4素子ラダータイプセラミックフィルターを採用しています。

FM/AM10局ランダムプリセットを搭載しています。また、緑の光が点等することで希望局が一目で分かるステーションインジケーターを搭載しています。

AMループアンテナを搭載しています。

録音レベルチェック機構を搭載しています。

シルバーとブラックの2種類のカラーバリエーションがありました。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
実用感度 1.9μV(IHF)
10.8dBf(新IHF)
実効選択度(IHF) wide:45dB
high selectivity:60dB
SN比 mono:85dB
stereo:80dB
歪率 mono:0.04%
stereo:0.06%
ステレオセパレーション 60dB(1kHz)
<AMチューナー部>
実用感度 12μV(IHF)
250μV/m(ループアンテナ)
SN比 54dB
<その他>
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9W
外形寸法 幅435×高さ60×奥行307mm
重量 4.0kg