オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

HS-1400WAの画像
 解説 

ASW(アコースティック・スーパー・ウーファー)方式を採用したフロア型スピーカーシステム。

低音再生能力を高めるためASW方式を採用しています。
この方式では、エンクロージャー内に超低域用ユニットをマウントしており、音響的にバンドパスフィルターをかけることで100Hz以下の低音のみを再生します。この場合、コーン振動が非線形の振動を起こして高調波歪を出したとしても、音響的バンドパスフィルターによって歪成分としての高調波歪はカットされます。
HS-1400WAではASW方式用に20cmコーン型ウーファーを搭載しています。

前面バッフル板に取り付けられたセレクターにより、フルレンジ、ASW、ASW offの切換ができます。
セレクターASWの状態では、ウーファーとトゥイーターは動作せず、ASWのみが動作します。

低域用には20cmコーン型ウーファーを搭載しています。
低歪化を図るため、ハイコンプライアンスエッジには不織布を、ダンパーには特殊高分子化合物を採用しています。また、特性上のばらつきを排除するため、プロミネントフレーム取付として板厚による空洞共振を防いでいます。

高域用にホーン型トゥイーターであるH-54HDを搭載しています。
このユニットはH-70HDの特性を落とさずに量産化を図ったユニットで、特殊設計のイコライザーを採用することで高域特性の改善を図っています。また、前面には音響レンズを装備し、指向性を改善しています。

ネットワークは12dB/oct設計となっています。

エンクロージャーには板厚15mmの硬質ホモゲンホルツを用いており、ウォールナット仕上げが施されています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・ASW・バスレフ方式・フロア型
ユニット等 超低域用:20cmコーン型
低域用:20cmコーン型
高域用:ホーン型(H-54HD)
周波数帯域 35Hz〜20kHz(-8dB無響室)
25Hz〜20kHz(-15dB無響室)
インピーダンス
最大入力 20W
出力音圧レベル 90dB
クロスオーバー周波数 100Hz、4kHz
外形寸法 幅438×高さ1,157×奥行370mm
重量 34kg