オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

D-J1の画像
 解説 

3ヘッドシステムを搭載したステレオカセットデッキ。

カセットデッキで3ヘッド化を実現させたR&Pコンビネーションヘッドを世界で初めて採用しています。
このヘッドは、録音・再生機能が独立しており、高感度・低歪率・広帯域周波数特性を実現しています。さらに、ヘッドがテープにタッチするのは従来どおり2ヶ所で済むため、多ヘッド方式に比べてワウ・フラッターを劣化させることがありません。
クロスフィールドはノイズレベル以下であり、モニターも可能という特徴を持っています。

トランスポート部には3モーターデュアルキャプスタン方式を採用しており、優れたワウ・フラッター特性をj地右舷しています。

L.P.D.S.(低位相歪システム)を採用しており、位相-周波数特性をリニアにすることで忠実な波形伝送を実現しています。

ダブルドルビーシステムを搭載しており、録音と再生に独立したドルビー回路を搭載することで、ドルビー効果をモニター時にも得られます。また、D.C.C.S.(ドルビー・キャリブレーション・コントロール・システム)を搭載しており、テープ感度に応じてレベル調整をすることで周波数特性をフラットにしています。

マイクボリュームとインプットセレクターを搭載しています。

エディットボタンを搭載しています。

メモリーコントロール機能を搭載しています。

メモリーリサーチ(曲間ストップ)機能を搭載しています。

ピークレベルメーターとVUメーターの切換えが可能です。

機種の定格
型式 カセットデッキ
トラック形式 4トラック2チャンネル
ヘッド 録音・再生:R&Pコンビネーション(フェライト)ヘッド
消去:ダブルギャップフェライトヘッド
モーター キャプスタン用:4極ヒステリシスシンクロナスモーター×1
リール用:マイクロカップモーター×2
周波数特性 20Hz〜20kHz(クローム)
20Hz〜18kHz(UD)
20Hz〜15kHz(ノーマル)
ワウ・フラッター 0.045%(WRMS)
歪率 1.7%(1kHz、0dB)
S/N Dolby on:63dB
Dolby off:55dB
チャンネルセパレーション 35dB
入力感度/インピーダンス Mic:0.3mV/10kΩ以上
Line:40mV/100kΩ以上
DIN in:35mV/100kΩ以上
出力インピーダンス Line out:2.5kΩ以下
DIN out:1kΩ以下
Headphone:8Ω
使用半導体 IC:21個
トランジスタ:27個
FET:4個
ダイオード:47個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 40W
外形寸法 幅441×高さ222×奥行312mm
重量 12kg