オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

HMA-8500の画像
 解説 

HMA-9500mkIIの回路技術や実装技術を継承し、さらにデュアルサーボ回路を搭載したステレオパワーアンプ。

フィードバック理論を追求して開発されたデュアルサーボ回路を搭載しています。
この回路は、信号の負帰還ループとは別に設けられた新開発のデュアルサーボ回路により、出力端子に発生する直流成分と歪成分を検出し、さらに負帰還をかける構造となっています。これにより、出力端子に発生する直流成分と歪成分が低減しています。

回路構成は、初段が差動増幅器、2段目がカレントミラー回路を負荷とする差動増幅器で構成されており、パワーMOS FETピュアコンプリメンタリー回路をダイレクトにドライブしています。

B級アンプで発生するスイッチング歪を大幅に低減するため、ノンカットオフA回路を採用しています。
ノンカットオフA回路は、B級アンプと同じ動作をしつつ、出力段のバイアス電圧を入力信号に応じて自動制御しており、出力トランジスタを常にONの状態にしています。

前面にBTL(Balanced Trans less)切換スイッチを搭載しており、モノラルアンプとしての使用も可能です。

左右独立にトランスを設け、電源を介してのトランジェントクロストークを排除しています。また、平滑コンデンサーは音質向上を図るべく徹底して低インピーダンス化しています。

大型パワーメーターを搭載しています。

ダイレクトアウトプット方式出力端子を搭載しています。

2色のカラーバリエーションがあり、後期はブラックバージョンが販売されていました。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
実効出力(両ch駆動) 100W+100W(8Ω、5Hz〜20kHz)
250W(BTL時、8Ω、20Hz〜20kHz)
全高調波歪率
(8Ω、定格出力時)
0.003%(5Hz〜20kHz)
0.002%(1kHz)
0.005%(BTL時、20Hz〜20kHz)
混変調歪率 0.003%(定格出力時、8Ω)
周波数特性 DC:0.5Hz〜100kHz
Low cut:4Hz〜100kHz +0 -1(ダイレクトカップリング入力端子)
入力感度/インピーダンス 1V/47kΩ
SN比(IHF-A、入力ショート) 118dB
ダンピングファクター 100
定格消費電力 245W(電気用品取締法)
外形寸法 幅435×高さ165×奥行320mm
重量 16kg