オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

HMA-4500の画像
 解説 

パワーMOS FETを用いた4500シリーズのステレオパワーアンプ。

出力段にはローディが開発したパワーMOS FETを採用しています。
FMチューナーのフロントエンド等に使われている小信号用MOS FETは電力用素子として優れた素質を持ちながら、高耐圧、高増幅率、大電流特性を得ることが難しく、それまで実用化することができませんでした。ローディはこのMOS FETに着目して種々の基礎研究や実験を行いパワーMOS FETの開発に成功しました。

HMA-4500の回路構成は、初段が差動増幅器、2段目がパワーMOS FETピュアコンプリメンタリー回路をドライブする定電流A級増幅回路となっています。電力増幅段を含めて3段というシンプルな回路構成となっています。
また、NFBループ内からコンデンサーを無くし、入力のコンデンサーも排除したDCアンプ構成となっています。

ピーク出力レベルがパワーの値で直読できる外磁形のメーターを採用しています。

左右チャンネル相互間のトランジェントクロストークによるアンプの過渡的な歪率悪化を防ぐため、ローディの実装技術を駆使して2電源アンプに匹敵する性能を得ています。

DC/LOW CUTスイッチを搭載しています。

キャリングハンドルは別売りでした。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
回路方式 2段差動増幅全段直結パワーMOS FET純コンプリメンタリーDCアンプ構成
実効出力 50W+50W(8Ω、両ch駆動、20Hz〜20kHz)
50W+50W(8Ω、両ch駆動、1kHz)
60W/60W(8Ω、片ch駆動、1kHz)
全高調波歪率(8Ω) 0.03%(20Hz〜20kHz、定格出力時)
0.007%(20Hz、1/2定格出力時)
0.003%(1kHz、1/2定格出力時)
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1) 0.006%(1/2定格出力時、8Ω)
周波数特性 DC〜100kHz +0 -1dB
入力感度/インピーダンス 1V/50kΩ
ダンピングファクター 50(1kHz、8Ω)
S/N(IHF-Aネットワーク、入力ショート) 105dB
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 100W(電気用品取締法)
外形寸法 幅390×高さ143×奥行277mm
重量 6.4kg
別売 キャリングハンドル TA-3mkII(\4,000)